TOP > その他のニュース > ベストセラーが助長する外国人への偏見。『日本が売られる』で書かれた「保険制度への“ただ乗り”」は実態なし | ハーバービジネスオンライン

ベストセラーが助長する外国人への偏見。『日本が売られる』で書かれた「保険制度への“ただ乗り”」は実態なし | ハーバービジネスオンライン

ジャーナリストの堤未果さんの著書『日本が売られる』(幻冬舎)の内容の一部が、外国人への偏見を助長するものだとして、日本に住む外国人の権利を守るための「移住者と連帯する全国ネットワーク(移住連)」は3…

ツイッターのコメント(25)

@Mammy_gokugoku “昨年7月には、NHK『クローズアップ現代+』が「日本の保険証が狙われる~外国人急増の陰で~」を放送した”
“娘の夫の扶養に入ることで保険に加入した”
胡散臭い、と思って
実は途中で読むのをやめた。
だけど水道法の件で
乗っかった。
知ってほしいと思い
ツイートしてしまった。
恥ずかしい人間だ。
薄々気が付いてたけど、
結局私もネトウヨと大差ない。
「不正」じゃない(合法的に利用できてしまう)から問題なんだよクソが。
氏がとうとうヘイトを煽る側になったか。
元々取材をしないで本を書くという批判が多かった。現場に行かない典型例。
医療ただ乗りはどこの国籍に限らず、居ます。もー。
外国人の偏見だけじゃなく医療費の計算がよくわからん。「特に中国人患者が多いC型肝炎薬などは、3か月1クールで455万円のところを、国保を使えば月額2万円だ」月額2万って高額療養費のことかと思うが、低所得者の限度額だって35400円だろ?
ファクトチェックって重要。こうやってわざわざニュースで取り上げてくれたのは運がいいと思う。
なぜ差別排外主義を助長する内容となったのか。著者と出版社は検証してほしい。
売らんが為の刺激的な本作り。残念/
この本はまだ読んだことがなくて、何となく噂を聞いて「水道民営化などの問題点を批判しているなら良いこと」程度に思っていたけれど、ちゃんと買って確認した方がいいかな - とりあえずブックオフへ…
もはや出版物はエッジを効かせたキワモノ本しか売れない。んでそんなキワモノ本に感化された人々で一頃はmixiやヤフーのコメント欄が凄い事になっていた。
【正式に加入している限り外国人でも日本人と同じようにカバーされるのが日本の保険制度】ベストセラーが助長する外国人への偏見。『日本が売られる』で書かれた「保険制度への“ただ乗り”」は実態なし| 二次ソースに対しては注意深い取材が必要だ
あるでしょうべww
何を根拠に嘘だと帰化人が言ってるのかわからん
〈なぜ堤未果さんは、週刊誌や雑誌の報道を検証せずに、同じようなことを著作で書かれたのでしょうか。〉——またですか、幻冬舎。
堤未果さんは昔は良い著書があったんだが、今回こうなったのは何でだろうね?-------
外国人の権利、そればっかり主張されて日本人はうんざり。日本人の給料は上がらず、労働環境もブラックばかり、税金は重く、医療費も高い。日本人の生活にゆとり無いのにという気持ちの方が大きい

/
@hboljp ネトウヨの倫理観は底が抜けていて、注意喚起のためならデマを流布しても構わないと居直っている。でも、ジャーナリストがそれではいけない。
「タダ乗りできる制度が問題だ」と言っているのに「制度上問題ない」と意味のない反論して、最後は「差別だ!」という、毎度同じ展開。醜い。
外国籍の人間が保険料を
払っているにせよ
国民健康保険制度とは
本来は日本国籍を持つものを
対象としたものではないのか
“外国人の年間レセプト総数1489万7134件のうち、「不正な在留資格による給付である可能性が残る」のはわずか2人”
←偏見助長とかいうけど税金払ってるのは日本人である限り不公平感は拭えない。
堤未果の正体見たりってところですね。/
★どちらが正しいか不明。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR