TOP > その他のニュース > 震災対応で問われる安倍政権の危機管理の意思と能力 | ハーバービジネスオンライン

震災対応で問われる安倍政権の危機管理の意思と能力 | ハーバービジネスオンライン

野党は「災害よりもモリ・カケ」なのか6月18日の朝、大阪府北部を震源とする震度6弱の地震が発生しました。被害にあわれた方には、心からお見舞い申し上げます。筆者は、ちょうど新大阪発東京行の新幹線に乗車…...

ツイッターのコメント(22)

@sinsengumi1834 お前こそまだ#統一教会 #安倍 の悪業を理解出来ないのかw
誹謗中傷したことを謝罪しろ

公共の福祉に反してるのは安倍
官邸の危機管理能力なし
国会で政治判断の是非について審議する際も、復興には悪影響をもたらさないようにしたほうが良い。災害担当の人員が国会対応にエネルギーを割いて復興の足枷になってしまったら、本末転倒だからね。詳しくはこちら。
「野党が開催延期を提案したにもかかわらず、与党が開催を主導」
「内閣の本質的な問題ですから、野党やメディア、世論が追及を止めても、政権の体質は、別の大きな問題を引き起こすことになりかねません。」→
大阪大地震。日本人なんかどうなってもいい。ピンチはチャンス。アホぼん三世もゲス孝太郎も、ふたりが考えたことは自分を助けることだった。
「国会が開かれた以上、災害対応への影響を最小限にするには、災害と無関係の質疑をした方がいい」「18日の参院決算委員会に限っては「災害よりもモリ・カケ」の方が適切だった」
ー問題だらけの実態にふるえる。
利用できるものは震災でも利用する。
「もし、この第三の可能性であれば、安倍政権や加計学園が震災を利用して、疑惑の隠ぺい・矮小化・幕引きを狙っていることになります」→
与党の震災対応、民主党のときよりダメダメじゃん。
東日本大震災のとき、もし自民党だったらと思うとゾッとする。
今、ガスがなくて不便な生活してますが、並行して、モリカケは変わらず、
やっていただきたいです。当然です。逃げないでください。与党の方がた!
(北摂在住)
野党を揶揄しているコメント多いけれど、野党は震災の復旧を懸念して延期を提案したのに、そのまま予定通りに開会したのは与党政府だ
モリカケを問題にすること自体が不適切なんだよ馬鹿野党【
実際には、政府に災害対応へ集中してもらうため、野党が開催延期を提案したにもかかわらず、与党が開催を主導しました。|
地震の日は、しゃぶしゃぶで
●野党は「災害よりもモリ・カケ」なのか

●過去の教訓を無視した政府与党の国会対応

●疑惑の隠ぺいに震災を利用していないか

●隠ぺいしても「モリ・カケ」は収束しない
安倍首相にとっては、今回の大阪の地震は特別の対策を要する程の重要な事案ではなかったということ。政治家として重要な、リスク管理の感性が抜けてるね。→
とても大切な話です。読んでください。
震災なんて全く関心が無いのがよく分かる。うまく誤魔化すことしか考えてないんでしよ。
国会のありようを熟知した方による丁寧な分析。お勧めです。それにしても、この同じ与党が憲法に緊急事態条項を加えることを提案するとは、何をか言わんやです→
いやほんま。いまの官邸の危機管理能力って、見掛け倒しでめちゃくちゃよ今。
疑惑の隠ぺいに震災を利用??

「野党は大阪北部地震への政府対応を考慮し、自民党に審議の延期を申し入れたが、自民党側が予定通りの開催を決め、委員会が始まった」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR