強行採決されそうな「高度プロフェッショナル制度」は、一億総ブラック企業従業員にする欠陥制度 | ハーバービジネスオンライン

ついに高度プロフェッショナル制度(=高プロ)を含む「働き方改革」関連法案が一気に強行採決される可能性が高まってきた。「成果に応じた賃金がもらえる制度」や「柔軟な働き方が可能になる」といった美辞麗句か…...

Twitterのコメント(87)

NPO 法人node さんの、これに対する見解は、如何に···。
@iwakamiyasumi「高プロだけは何としても成立してほしい」と経団連。佐々木亮弁護士に聞く(HB)
本当に「連合」はなにをやっているんだ?!:
「無力化」された国民達は、(当然ながら) 次に「奴隷化」される(^_^)
よい記事なので応援ツイート。しかし、もっとマスコミが批判記事を出すべきだよな…。-----
ずっとこの問題を取り上げてきた佐々木亮弁護士による解説はこちら→
そうか、法律自体に給与制限書かなければ全員が対象か
給与もらっている以上、全員プロ
日本国民 総奴隷社会の始まりとなる死活問題。断固阻止しなければならない。
/
ついに高度ケイスケホンダ制度(=高ホンダ)を含む「働き方改革」関連法案が一気に強行採決される可能性が高まってきた。
あーそういう穴穴の法律構成なのね
無いわ
欠陥制度なら、その都度改正すればいいんじゃ?
そのために国会があるんじゃないのかな。
強行採決されそうな「高度ケイスケホンダ制度」は、一億総ブラック企業従業員にする欠陥制度 |
高度プロフェッショナル制度、 恐ろしいね。「年収1075万円以上の労働者が対象」でも、実際は360万円程度にしかならないという話。2ページ目に詳しい。
とことん搾り取ろうという魂胆。またしても強行採決だと。まことにひでえ国。
いい方潰して、本当にダメな方が生き残った好例
つまり「亡国制度」?

“強行採決されそうな「高度プロフェッショナル制度」は、一億総ブラック企業従業員にする欠陥制度”
勤め人の人はこれで良いのかな?
使う側には都合の良い制度だと思う。
これが通ったら今後自民には入れない
「高度プロフェッショナル制度」が、どれほど危険かという話です。過労死を防ぐための規制は無いに等しく、この先で適用対象を拡大されるだろうこともまちがいないでしょう。
労働時間より解雇規制の方なんとかした方がよいと思うけどなー
それやるから労働生産性下がるってのになあ。 /
年収1075万円→実質年収357万7860円の技が冴える。いずれ切り下げられることが懸念されていたけどすでに理論上可能だったとは / …”
経団連側が社員を好きに使いたい意識を隠しもしないこれを阻止することは右も左も最重要。 /
解雇規制の緩和ならまだしも、労働時間規制の緩和は意義がよくわからない /
少子化の原因の一つは,長時間労働なのですよ。定額働かせ放題にして,益々少子化を加速させるつもりか!?
これ通ったら、少なくともここ何年かは自民党には絶対入れんな。無駄かもだけど言うとこ。
「法案の中身を見てもらえば一目瞭然なのですが、この条文案の中に成果に応じて賃金を払うということは一切言及されていません。というより、賃金体系自体に言及がない…」 / “強行採決されそうな「高度プロフェッショナル制度」は、一億総ブ…”
この制度については野党が完全にやる気なくてスルーなのがほんと酷い。裁量労働制を防いだだけで満足してるもんなぁ。 / | ハーバービジネ…”
別名=働かせ放題法案
国民を大切にしない国は、どうなるか知っているよね?
インターネットがなかったらこういうこともわからないままだったんだろうな▷
そんなやばいやつだっけ /
人間は道具じゃねぇんだよ・・・人形でもねぇんだよ・・・
この「高プロ」自体言葉の意味がわからない。エキスパートは英語で職人といった意味。スペシャリストは体系的知識を持っているが倫理性がない。アイヒマンのタイトルがそうなことからわかる。プロフェッショナルはそう上に倫理性を持つ専門職のこと。
いや、これはさすがに通らんだろ。強行採決されたら、この国終わるのでは。
野党はこれをネタに自民を叩けばいいのに、モリカケ〜〜で次も票が入ると思ってんのかな?既に国民の代表でもなんでもない😰
経団連は便利な安倍を使い放題。
平均年収の三倍を相当額上回る年収の人が対象なのね。 /
平均年収の3倍程度の適用条件なんてのは、そのうち削られてしまうよ。
まずはご一読を >
生活必需品以外に金を使えない犬のように働く雑魚労働者だらけの国になるね。凋落国家中世ジャップランドという自虐が単なる事実になるじゃないか。 / “強行採決されそうな「高度プロフェッショナル制度」は、一億総ブラック企業従業員にする…”
労働時間の規制なし💢 成果主義の記述すらなし💢 年収要件はあくまでも「見込み」。経団連の狙いは「年収400万円から適用」💢 現代の奴隷制=「働き方改革」関連法案は廃案‼
★全労働者必読。さすがにこれはヤバい。年収400万弱でもその気になれば適用可能とは!
罰則も設けないでどうして自立的で想像的?な労働生産をあげられるの?やられっぱなしで捨てられるような物
なんせ日本の有権者は、すでに3割が退職者。そりゃ、労働者関連の法律に関心が無くても当然。だが、これは間違いなく「少子化に拍車をかける」法律でもある。断固、阻止! / “強行採決されそうな「高度プロフェッショナル制度」は、一億総ブ…”
再来週にも強行採決されそうな「働き方改革関連法案」の高度プロフェッショナル制度(残業代ゼロ制度)は、すべてのサラリーマンが適用範囲になり、労働基準法の規制を撤廃し、経営者のやりたい放題にこき使える極めて危険な制度。
政治を考えるって自分たちの生活に直結することだと思うよ。
一日も早く個人事業主になれるようにしなければと強く思う
あくまで見込みで発動できるという、このカラクリすごい。>『君はこれから年収1075万円の見込みとするので、高プロ適用になるから』と言えばそのまま適用 / “強行採決されそうな「高度プロフェッショナル制度」は、一億総ブラック企業従…”
この条件で働き続ける人がいる前提なのがおかしい🧐🧐
「嫌なら辞めろ」を地でいくやつやろ?
700万年収でも対象になる
"『年収1075万円の見込みにするので高プロ適用』と言えばそのまま適用。欠勤などで下がって控除される分については『見込み』なので関係ない。適法状態の労働条件で計算し直すと年収357万7860円"。THEザル法。 / “強行採決さ…”
強行採決されそうな「高度プロフェッショナル制度」は、一億総ブラック企業従業員にする欠陥制度。 右だろうが左だろうが、安倍政権支持だろうが不支持だろうが構わない。頭を冷やしてよく考えよう
日本人は奴隷になってほろびよー
高度プロフェッショナル制度の残業代ゼロ法案は年収400万から適用可能っと言う罠?切り口が面白い >
やはり強行採決されるのか…
「高度プロフェッショナル制度」強行反対!
強行採決したらただでさえ低迷してる支持率がさらに落ちるからしないと思ってるんだけど、それ以上に経団連からの突き上げが厳しいんだろうか。 / “強行採決されそうな「高度プロフェッショナル制度」は、一億総ブラック企業従業員にする欠陥…”
やっと何が問題なのかわかった気がする。
IT系を中心に賛成派がいるけれど、早帰・遅出とかの裁量労働は現行法の範疇で可能だから、制度化を待たず今すぐ会社に要求したらいい。今回の制度は、裁量労働を希望しない者にまで強要する制度だということ。
うーん、なんでみんな言われるがまま働く前提なんだろう?サボタージュしようよ!
あー、これは、うん、ほんとなら相当不味いかなぁ・・・
はっきり抗議しないと、本当に成立して、本当に殺される人が増えると思う。
そういう危険性はあるな。⇒ hboljpより
経団連は経営者の利益を守る団体です。
労働者をごまかして働かせ放題にするための布石です。絶対に阻止して欲しいです。
言い換えると「労使交渉なんかあてになるかよ」って労組の存在意義を否定しとるわけで、そこを労組の関係者が怒んないのが不思議よな。
所詮 国の家畜は家畜ってことか...?

日本は国に住む人を家畜・奴隷としてしかみてないと...
趣旨と運用は別だろ。愚論を垂れ流して惑わさないでほしいな◆
あまりにも恐ろしすぎる・・・。
どういうつもりでこんなクソみたいな制度を作るのか。誰得?
経団連のお偉い方は俺の前に一列に並べ。ケツバットをくらわせてやんよ
これは、本当にまずい。
「高プロ」断固阻止に向けて国会内外で共闘を!
問題があるのは確かだけど、「高プロ」の対象者が「雇われる側」として大人しく言い値で雇われる事はもう無理じゃないの?
日刊ゲンダイや赤旗がしっかり報道してほしい。
それ以外は新聞ではない
残業代ゼロ法案?「働き方改革」関連法案に労働環境悪化の懸念
労働時間に上限のない雇われ人が居るか?
労働者を奴隷のようにする高度プロフェッショナル制度が強行採決されようとしている。経営者ではなく一般の労働者でこんな法案を通そうとする自民党を支持する人がいるなら、理由が分からない。
現在の法案でもやり方次第では理論上年収400万円以下でも適用することが可能!!
強行採決なんて事案か!バカめ!
これに限らず、雑なまま通すな、に、つきると思うんだが…
これスルッと通りそうだからヤバイんだよなぁ
リーマンなら当事者。シャレにならん。最終、年収400万からの適用狙ってるから相当あかんやつですよ。
以上

記事本文: 強行採決されそうな「高度プロフェッショナル制度」は、一億総ブラック企業従業員にする欠陥制度 | ハーバービジネスオンライン

関連記事