前川喜平・前文科事務次官が告発「首相の“お友達案件”の世界遺産登録は、日韓関係悪化の火種となる」 | ハーバービジネスオンライン

加計問題で「行政が歪められている」「国家権力の私物化が濃厚」と告発した前川喜平・前文科事務次官が、2015年7月に世界遺産登録された「明治日本の産業革命遺産」が安倍首相の“お友達案件”であったのでは…

ツイッターのコメント(47)

【HBO!】 ←2017年前川喜平氏、今日の日韓関係悪化を予想。
2017年9月21日の記事。
またコイツか。。。
よくもぬけぬけと言えるね~?どの面下げて言うのかわからん。
これが、文科省次官?こいつらが日本の歴史認識を歪めた張本人をじゃないか😆
まだなんか言ってんのかよ。この顔見たくない気持ち悪い。画面に出ずにオンザビーチ行ってろ。日韓関係の悪化はあちらさんの言動が原因。
前川氏はあまり信用できない人だ!出会い系に今も行ってるの?
何でもあべさんのせいにする前川氏。自分がいやにならないのかな!
日韓関係の火種なんてそこら中に韓国が飛ばしまくってますので悪化するのは当たり前ですが・・・・・
マイクロソフトのEdgeを久しぶりに使ったところ、デフォルトで出てくるニュースが「朝日系」ばかり。がっかりした。
安倍宗任氏の墓がある大島の世界遺産も驚いた。安倍家のルーツらしいが偽書...。

| ハーバービジネスオンライン
 

 
PR