いまだ根強い「STAP細胞が本当はあった!」説がやっぱりおかしいこれだけの理由 | ハーバービジネスオンライン

「STAP細胞はあるのではないか――」。「利権がらみで闇に葬られたのではないか――」。一部で、こんな言説がいまだに飛び交っている。最近も、ドイツの研究者らがSTAP細胞の作製に成功したというニュース…

ツイッターのコメント(45)

小保方さんを個人攻撃するのはどうかと思うんだけど…。STAP細胞自体、まだどの研究機関も再現できてない。現象自体は観察できてるんだけど、万能細胞に変化してないから。
STAP細胞って、そもそも遺伝によるものだったのだろうか?
外的精神的要因によって、神経節伝わり、リンパ球自体に特定の条件下で多能化する細胞分裂を起こす。それによってマルチ的な免疫機能を持った新しい能力の細胞が生み出され、再生医療に影響与えるとか。
【HBO!】いまだ根強い「STAP細胞が本当はあった!」説がやっぱりおかしいこれだけの理由
STAP細胞がドイツで作れた話がTLにあったけど、このような意見もある
この人の言ってる正しい正しくないは置いといてなんか品がない文だなと感じるのはなぜだろう、、、
「STAP細胞はありまぁす!」を鵜呑みにしちゃう人間が、水素水を有難がったり、ポップメロンソーダの発がん性デマに騙される―【HBO】いまだ根強い「本当はSTAP細胞はあった!」説がやっぱりおかしいこれだけの理由
今の時期にどうして信じられるかが理解できない。
驚いた
生命科学の専門家、とは何、誰。生命科学者じゃないの。非専門家とは何。理論的に不鮮明な文章で論証が非科学的。〆いまだ根強い「本当はSTAP細胞はあった!」説がやっぱりおかしいこれだけの理由
私の回りでも都合のよい情報に踊らされて、ある!と声高に言う人がいます。海外で成功したのは、全くの別物。【HBO】いまだ根強い「本当はSTAP細胞はあった!」説がやっぱりおかしいこれだけの理由
 
PR