千葉台風関連の記事一覧

TOP > 私が札幌国際芸術祭2017の作品展示を終了した理由 | 服を脱ごう、旅に出よう。 YASUBE BLOG

私が札幌国際芸術祭2017の作品展示を終了した理由 | 服を脱ごう、旅に出よう。 YASUBE BLOG

68コメント 登録日時:2017-09-01 08:49 | guesthouse-yasube.blogspot.jpキャッシュ

 ...

Twitterのコメント(68)

この間札幌で泊まったゲストハウス、札幌国際芸術祭?とかで一悶着あったところだったんだ、、、
札幌芸術祭の展示辞退の件、コメント欄が伸びてて、そちらも興味深い。【私が札幌国際芸術祭2017の作品展示を終了した理由】
「 」


札幌国際芸術祭に展示スペースを提供したゲストハウスのお話。
運営側のこういう杜撰さを見ると「食の祭典」を思い出します。
そういえばこれ、前のやけどシェアしそびれたやつ。トシケーカクとか、マチヅクリとかアートとかケンチクとか、とりあえず地域に関わり持つ人一回読んでほしい…もう読んだかな??
ああああああああ...........;;;;;;;
キュレーションの大切さ色々と含めてアーティストと運営の向き合い方が最悪なのと、中身のなさだなぁ...特にこのような作品であるならばより必要になってくる。酷すぎて悲しい。
ゴミのような委員会とゴミのようなアーティスト気取りに振り回されたひどい話だ…
◆ :
シッチャカメッチャカ
今東京五輪に向けての文化振興策で。全国各地でアートのイベントが開催されています。その中から後世に残る作品があるんだろうか?税金の無駄と思う。
私が札幌国際芸術祭2017の作品展示を終了した理由/ゲストハウスやすべえ
これ、公募企画で、基本的には応募団体であるゲストハウス×ギャラリー複合体が運営もするはずだったはず。アーティストを推薦したギャラリー、応募団体、助成した芸術祭事務局、責任の所在があいまいなとこで、残念なトラブル。
読んでた /
展示中のreliabilityに無関心な作家と会場担当者がままいる印象がある。10年くらい前に手伝っていた展覧会で、同じく水と植物使う作品が水漏れを起こして、階下の作品の作家が激ギレして、必死に水漏れを塞いだことを思い出した。
残念な出来事。なんでこうなっちゃうんだろう。あいちトリエンナーレでも、似たような事案があったよね。:
札幌芸術祭と地元の方とのトラブル。こうやって地域密着型の芸術祭からエログロナンセンスみたいなネガティヴワードが排他的になってくんだろなぁ(*´ω`*)瀬戸内芸術祭も不気味なほどその辺攻めてる作品なかったからな。
芸術祭という災難。店主の人柄がしのばれる。→
最後の3つの教訓、こないだのサークルの企画で守れなかったやつだ…変わろう…
うーん、これは酷い、、運営の酷い噂は何か所から聞いてたが、:
芸術祭そのものの問題というより、大きなイベントやるときは運用とかオペレーションとか目に見えない制度設計が一番大事で、そこに対するリスクを安く見積もりすぎてるというところにあると思う→
これは…つらい。
作品が社会に、経済にどんな影響を与えるのか、誰に支えられているのか、人をどう動かすのか考えなきゃいけないけど、この方が書かれてるのはそれ以前の問題のお話だ…
なんやろ?って調べたら、これかな。
近くを通ってマネキンの頭を見た時は、すぐに芸術祭に参加してると分かったけど、こんな事になってるとは。。
稲村ヶ崎の床屋さんのかと思った...
アーティストなら何やっても言っても許されると思ってる人、くそだとしか。
これだけ読むと、札幌国際芸術祭の運営側がダメすぎる、ってことになるなあ。/
さて、中之条ビエンナーレはどうなるでしょうかね
「作っていく過程がアートなら、それに参加しましょう」つって、一度、綺麗さっぱり片付けても良かったんじゃないかとすら…。>:
今年6泊したゲストハウスのブログのひと記事。ショック。地方でのアートイベントって心做しかトラブルを耳にすることが多い気がする…
うわ。いやなんかオット氏にパスポート買う?とか言われててでも昨今のアートイベント関連のアレヤコレヤにうんざりしてたからやめといたんだけど、やっぱりって感じで参った。
うぅぅ…読んでるだけで、胃が痛くなって来た。いたなぁ…企画書と現物が全然違う奴、展示規約を全然守れない(そもそも読んでない?)奴、etc…。そして、本人がブッ飛んでるからって、作品がスゴイ訳でもない所が痛い。場所貸す方も、大変だ。→
説明が必要な芸術、無闇に人を不快にさせる芸術の存在意義とは…。
作者側で完結していないアートはあまり好きではないなあ。
ひでえ。もちろんこれは一会場のトラブルで他はもっとしっかりして?のだろうけど、ファンでなく敵を増やしてどうするんだSIAF

げんだいびじゅちゅのクソさ加減がよく分かるお話。(╹∀╹ )
「 」
札幌国際芸術祭のテーマは『芸術ってなんだ?』だそう。まさに。
そういうのはあなた方のやっているアートの枠内でやってください、八百屋に秋刀魚を注文すんなよ。あなたが自分のアート作品を攻めなきゃだめだと思う気持ちと同じ気持ちで俺たちはお客様に美味しい珈琲を飲んでいただき、気持ちよく宿泊していただく
芸術って何?
アートを店の前に置く企画に参加したら、事前説明になかったグロ系作品を置かれ、客足は遠のくし作品の管理は店に投げっぱなしって話だった。
お店側踏んだり蹴ったりやん。
作品も攻めるどころか、多重人格探偵サイコのパクリみたいなヤツだし。
芸術祭に協力して欲しいので店の軒先を貸してください→いいよ→プレゼン図面とは違う生首の鉢植えが店の前にゴロゴロ
こりゃ店主も激おこですわ
こういった話( )を聞き、世間の「イベント」一般が「劣化」している、との思いを強くする。飲み会もまともに企画できないような人間がスタッフや実行委員になっている。学生もそうだし、その学生が卒業して市民になっているので、世間一般の話となる。
どんな仕事でも言えることですけどね。イヤしかしひどい。:
@JPN_LISA
すでにご存じでしたらすみません。
椎木透子さん経由で知ったのですが、
またこんな問題が起きているようです…
(タクラミックス @takuramix さんもツイートしているようです)
/アートだったら→奇抜でも仕方ない&多少ルーズなもの、ってアホでしょ。大人がやる事だし、地域のイメージにも繋がるんだから。

一応ギョーカイ関係者としても、これは庇うところがない。最低やなぁ( ;´Д`)
この方、いい人だな… 気の毒。
これはひどい…。最近の芸術ってインパクトさえあればいい感じなの?
安易にアートでまちおこし~とか考えてる向きは、果たしてそれが本当に地元再興()に繋がっているかまで考えているのか?という。
この「作りっぱなしで後のメンテ無視」はあいちトリエンナーレでの小鳥虐待アートと本質的には一緒だろうな。
これは、芸術祭の運営側や芸術家が作品と自分を最優先で他者を軽んじてる例ですね。他の会場でも問題起きてると思いますよ、これは。>
とんがってりゃイイってもんでもない。アート出来るのも、周りを整えてくれてるたくさんの人がいるからこそ。>
マネキンの頭に草生えてたやつの顛末
友人がシェアしていてこの事を知った。カワイさん、締めに3つの教訓として書いているけれど…本来、基本中の基本…これから芸術祭をやられる方々も一度読んでみてもいいかもと思いました
“私が札幌国際芸術祭2017の作品展示を終了した理由”
ここまで協力してくれた人にここまで書かせるのはつらいものがありますね。 /
全部は読まなかったけど、だいたい把握。俺こういうの読むとなおさら、表現はなるべく個人だけやりたいと思う。他者巻き込みたくない。他者との関わりこそ何かがある…が今のアートの世界的潮流だけど、ウザい。唯我独尊したくてアートの世界に来た。
これはあまりにひどい例ではあるんだけど、実際アート無罪とかなんとかいうはるか以前のレベルでゆるいオーガナイズしてるアート関係者すごく多い印象
SIAFのワヤ話。こんなイベントなら税金投入やめれ!
“少なくとも芸術とはアート作品がいたずらされてそれが他の人に迷惑かけて、ご近所さんから気持ち悪がられて距離をおかれ、常連さんがいなくなる営業妨害を起こすことが芸術と言うわけじゃないでしょ?”
こういうのを読むとギャラリーフェイクの額縁職人の話を思い出す。
作家に連絡行ってから時間経ってないのかな。今からでもきちんとコメント出すべきだと思うけど。>「私が札幌国際芸術祭2017の作品展示を終了した理由」
私が札幌国際芸術祭2017の作品展示を終了した理由(2017/09/01) これはかなり杜撰な運営実態だな・
こういうトラブルっていろんなところで起きてるんだろうなぁ。仕事でも表現活動でも、誰かと一緒にやるのなら相手へのリスペクトが必要。
| 服を脱ごう、旅に出よう。YASUBE BLOG
いろんな問題を孕んでるけど、運営側の意識とコミュニケーションが100。運営が問題と対策を公表して共有されるべきやつ
【 更新】
芸術ってなんでしょうか?
以上

記事本文: 私が札幌国際芸術祭2017の作品展示を終了した理由 | 服を脱ごう、旅に出よう。 YASUBE BLOG

関連記事