TOP > ネタ・話題 > 岩手県二戸市で出会った、地に足を着けた人の強く美しい姿。観光地巡りじゃない、人と土地を深く知る旅の秘訣とは? | greenz.jp グリーンズ

岩手県二戸市で出会った、地に足を着けた人の強く美しい姿。観光地巡りじゃない、人と土地を深く知る旅の秘訣とは? | greenz.jp グリーンズ

10コメント 2020-04-23 12:51  グリーンズ

東北地方には一戸(いちのへ)、八戸(はちのへ)など、数字+戸のまちが数多くあります。(岩手県と青森県の二県にまたがって存在していて「四戸」以外「一」から「九」までの「戸」があるそう) 岩手県にある二戸...

ツイッターのコメント(10)

勇気を出してその地に住む人に話しかけてみること。

これで旅の楽しさがかなり増す。二戸市にもいつか行ってみたい。岩手は魅力的な場所がまだまだあるなぁ。

岩手県二戸市で出会った地に足を着けた人の強く美しい姿。観光地巡りじゃない、人と土地を深く知る旅の秘訣とは?
東北ってたぶんまだ行ったことない。
こういう記事を読んで全国津々浦々を旅した気分になれるの満たされる〜
楽しかった、二戸の旅。人の温かさに触れました。
その地に住む人と話して地域を知る。
素敵ですね✨

@moana_blue
旅に出られないこのご時世ですが、だからこそ今、読んでもらいたい記事になったかも。News Picks「地方創生NOW」特集でも取り上げていただきました!→
ライターとして取材した記事が公開されました!これからの先に残る旅先は、見た目は地味でも、こうした素朴で力強い場所なんじゃないかな、と思うのです。//
旅が難しい時節。これ心が旅してきた風になる記事。

西村祐子さん@moana_blue筆

「りんごの品質が悪くなると味が『ボケる』『じゃうじゃうになる』と普段わたしたちが使わない表現でその様子を教えて下さいました。味や品質などが細かくわかる事こそがプロの証拠ですね」趣意
懐かしい(笑)
自分から声かける事でその地域の人達も心を開いてくれる。自分から歩み寄るというのが何においても大切。

二戸に行ったかのような気分になった!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR