「金曜日の朝、どうかシッポを振らないでくれ」殺処分の現場からの悲痛な叫びに涙 – grape [グレイプ]

28コメント 2016-08-04 13:25 grape

いまだ多くの動物たちが、保健所で殺処分されている現在。目に見えていないだけで、こうしている間にも尊い命が次々と消えていっています。保健所に勤務していた渡辺さんは、当時を振り返り「金曜日の朝が辛かった」...

ツイッターのコメント(28)

犬猫の察処分について、現場から。
@candyteardrops1 行政の上司は職務を遂行するだけですから。ただ、現場からは「悲しみ」の叫びもあります。「金曜日の朝、どうかシッポを振らないでくれ」😭😭😭
誰も幸せではないのに、殺処分がまかり通ってます。
約15年、何があっても最後まで面倒見れるか考えてから飼ってほしい
以前ニコ生の朗読枠で『ある犬のおはなし』を読ませていただきました
最後まで飼い主を人間を信じて待っていた ある犬 の気持ちのかかれたお話しです 胸のつぶれそうな気持で読ませていただきました

たくさんの『ある犬』を見てきた方の言葉です 読んでください
保健所、センター、行政を闇雲に責める前に、自分達の主張ばかりをせずにこれを読んで欲しいなぁ。*
私も目も開かない子犬を拾って飼ったのが最初で最後、そのこを見送ってからは環境が整わないから飼わない、かわいいだけじゃだめだと思う
涙が出ますね。殺処分ゼロにしたくても国が動かないと無理だよ。
保健所の方々の心を思うと胸が張り裂けそうになる。
これ、全部バカな人間のせいで起きているんだよ!!
@grapeejp
保健所職員さんの心。
こんなに悲しい事があってはならない。死んだ行かなきゃならん命。任務として逃れられない人達。どちらにも、何一つ罪はないです。かえていかなきゃならんです‼︎
 
PR
PR