TOP > ネタ・話題 > リュ・ソクチュン教授「慰安婦は売春婦であり日本政府に責任はない」発言 警察が捜査に着手 | ゴゴ通信

リュ・ソクチュン教授「慰安婦は売春婦であり日本政府に責任はない」発言 警察が捜査に着手 | ゴゴ通信

4コメント 登録日時:2019-09-30 11:15 | ゴゴ通信キャッシュ

韓国延世大学のリュ・ソクチュン教授が「慰安婦は売春婦であり日本政府に責任はない」と言う発言を受け批判が殺到している。 リュ・ソクチュン教授は日本植民地時代を語り慰安婦を「売春女性」とし、加害者は、日本(政府)ではない。慰安婦は売春の一種」と述べた。彼は続いて「慰安婦は日本の民間が主導し、日本は関わっていない」と付け加えた。 これに対して学生が「慰安婦被害者は自主的に行ったもので...

Twitterのコメント(4)

正直で権力におもねらない素晴らしい人格!日本の国立大で招聘して差し上げたら如何でしょうか?
@YuzukiMuroi
どう思います❓これこそ圧力じゃないですか❓
議員:「教授の妄言と歴史歪曲に全国民が激怒」
警察:名誉毀損などの疑いで捜査に乗り出す
学生:「教授として認めない」

言論弾圧の見本やな(白目

リュ・ソクチュン教授「慰安婦は売春婦であり日本政府に責任はない」発言 警察が捜査に着手
韓国には特高があるのか、、、
以上

記事本文: リュ・ソクチュン教授「慰安婦は売春婦であり日本政府に責任はない」発言 警察が捜査に着手 | ゴゴ通信

関連記事