TOP > ネタ・話題・トピック > ゴゴ通信 > 性的暴行の濡れ衣...

性的暴行の濡れ衣で36年間も獄中に居た男性がやっと釈放される 指紋が別の男性のものだった | ゴゴ通信

3コメント 登録日時:2019-03-26 17:54 | ゴゴ通信キャッシュ

【簡単に説明すると】 ・性的暴行の冤罪で36年間も刑務所に ・指紋の不一致でようやく釈放 ・獄中にいるあいだに母と父が死んでしまう 3月22日、58歳のアメリカ人男性、アーチ・ウィリアムズが36年ぶりに刑務所から出所したという。 この男性は36年前の1982年12月9日にルイジアナ州バトンルージュにて白人女性を性暴行しナイフで刺した疑いで逮捕された。このとき男性は22歳。 ア...

Twitterのコメント(3)

»
訴えたらほぼ勝つ、基本的に覆らない、証拠がなくても終身刑、科学的にありえないDNA変化がしょっちゅう起こる とかいう地獄
酷いえん罪、、、当時から違うという証明もあったにも関わらず女性の一言と検察の主張で36年もの時を無くした。

僕はその女性と担当検察官が代わりに収監されるべきだと思う。
» 『獄中にいるあいだに母と父が死んでしまう』で心に来る。
以上

記事本文: 性的暴行の濡れ衣で36年間も獄中に居た男性がやっと釈放される 指紋が別の男性のものだった | ゴゴ通信

関連記事