TOP > ネタ・話題・トピック > ゴゴ通信 > メキシコ旅行に行...

メキシコ旅行に行ったイギリス人女性 目と心臓と脳が無くなり帰国 | ゴゴ通信

22コメント 登録日時:2018-12-11 13:42 | ゴゴ通信キャッシュ

[ad#top] 【簡単に説明すると】 ・メキシコ旅行に行ったイギリス人女性 ・目と心臓と脳が無くなり帰国 ・メキシコ病院や警察は臓器摘出を否定 [ad#top2] イギリスのウェスト・ヨークシャーに住んでいる女性がメキシコ旅行に行ったところとんでもない目にあって帰国したことが分かった。 41歳のアマンダという名前の女性は昨年メキシコに旅行に行ったが、悲惨な姿で母親の元へ戻ってきた。旅行に行った彼女は...

Twitterのコメント(22)

やっぱトランプの政策正しいやんけ
マモーみたいな状態で生かされてたりして…怖
へい!あみ~ご!(臓器摘出
元記事読んだら目と心臓と脳だけじゃなくてその他の臓器が跡形も無く消えた状態って書いてあるな。…それが臓器売買の為の臓器だとするならば、金は、臓器…
|

メキシコの病院と地元警察は彼女の臓器が消えたという事実を全く認めず、メキシコ大使館も臓器が摘出された痕跡は無かったと主張。
»

怖すぎます~
「メキシコの病院と地元警察は彼女の臓器が消えたという事実を全く認めず、メキシコ大使館も臓器が摘出された痕跡は無かったと主張」
|

メキシコやばいな
あれやね
全部人体研究用には役立つからとりあえず全部引っこ抜いた的な感じやろうなぁ(^◇^;)
メキシコの政府機関がどう言ってるのか知らないけど字面通りならこの国ヤバいと思う。

|
臓器取られるだけでもおかしいのに警察病院どちらも事実を認めない発言が出来るのもやばいな?
だからメキシコは駄目だってば。
脳を盗む理由は…エンドルフィンでも摘出するんかな。
2018年6月末 メキシコでは全国的な選挙が行われたが、候補者登録が始まった2017年9月から数えて133人の政治家立候補者が殺害された。暴力に…
トランプ大統領が壁作りたがるのも納得の治安
平成最後の錬金術に失敗してしまったのか・・・
いやそうはならんやろ・・・
糖尿病で死んでなぜに目と心臓と脳が無くなるんや・・・
メキシコには遊びに行けませんな(´・ω:;.:...
トランプなんとかしたれは流石に外れてるけど壁作りたがる気持ちはよくわかるな。野蛮すぎる。
おっとろしいなメキシコ
»

そういう国、行っちゃダメだね。。
さすがメヒコやでぇ
以上

記事本文: メキシコ旅行に行ったイギリス人女性 目と心臓と脳が無くなり帰国 | ゴゴ通信

関連記事