ウクライナ国境にロシア軍10万人、プーチン氏は本気だ クリミア併合の取材記者が解説:朝日新聞GLOBE+

ツイッターのコメント(64)

関根記者の見立ては変わっていないのだろうか・・・
いや本当に
世界は複雑だなー
// しみじみ
記章を外した正体不明軍隊じつは露軍がキエフ攻撃。2014年3月クリミア編入「国民投票」でなく違憲の「住民投票」で決し、国際社会の非難をよそに露領編入。
ユーロマイダンから始まったウクライナ問題って、民族の歴史的経緯もあるらしく、とても複雑で聞きかじっただけでどっちが正義かは語れないけど・・・

どんな理由があってもロシアの軍事行動は絶対に容認されることではないということ

批判する西側も目クソ鼻クソだけどさ
開戦に至るまでの経緯がとても良く分かりました。
ロシアがなぜ軍事行動に踏みきったのかがわかる記事です

合わせてワルシャワ条約機構について調べてみると理解が深まるかと
 
「ロシアが自国の「勢力圏」と位置づける旧ソ連諸国のNATO加盟は絶対に容認できない立場だ」
正確に言い当ててるな、、
西部はヨーロッパ派東部は親ロシア派
これだけ派閥が違うと衝突は起きてもしかたなかった
NATOの東方拡大とコソボの住民投票。テレビでは、それらがあまり語られない。プーチンの悪魔化だけでは、ことの本質を見誤る。
ウクライナをフッと思った時、クリミアが離れなかったのでちょっと調べてみた。
繋がったので、シェア。
これもロシアとウクライナの歴史的な関係性がよく分かる良記事。
ちょっと前の記事だけど背景がよくわかる
社民党の記事の件見てユーロマイダンについてちょこちょこ調べたけど、これをネオナチと呼ぶのは余りにもロシアプロパガンダ丸呑みじゃない?
続けて、ブログ主さん。
〈朝日新聞も関根和弘という記者が

【ウクライナ国境にロシア軍10万人、
プーチン氏は本気だ ク
リミア併合の取材記者が解説】
(2022/1/26 朝日新聞 Globe+)
わっかりやすいなあー

ス○イかな?
これは極東はかなり手薄だろう。北方領土に自衛隊が上陸できるチャンスではないか!?
ここまできたらプーチンも譲歩するつもりないだろう。
本気で近々、侵攻しそう。
今はVIX指数落ち着いてきたけどまた荒れそうや…
よくまとまっている。お勉強しましょう!
緊迫するウクライナ🇺🇦東部国境

クリミア併合の悪夢は繰り返されるのか⁉️
8年前のウクライナ政変で一緒に取材した関根記者が当時を振り返りつつ、ウクライナ情勢を読み解いています。

ロシアの兄弟国のはずが、なぜここまで泥沼の紛争に発展してしまったのか?
この記事は良かった。ダブルスタンダードまで踏み込んでる点が特に。
プーチンは、やるつもりなのではあるまいか❗❗⁉️( ・`ω・´)

ウクライナ侵攻を‼️(*`ω´*)ノシ

輸血用血液まで国境に調達したとは尋常とは思われない、あまりにも生々しい、と😖💧
責任論を聞きたいわけじゃないし日本の大衆は反発しかしない。モスクワ支局にいるならウクライナで起きたニュースは手に入るはずだけど日本のメディアはそれを報道できないということだな? ジャーナリズムというならその圧力を洗いざらいぶっちゃけろ。また国民を欺くのか。
NATOにもロシアにも問題があって、ウクライナも東西に分断されていて、本当に簡単ではないです。
また関根かい。こんなエテ記事ばかり書かせて大丈夫なんかい、朝日は?
酷い記事②、確かに国際法的にはコソボのケースもガバガバだけど、クリミアが認められないのはその前後で明らかにロシア側が内政干渉と国際法違反しているからでしょうが?
<コソボのケースは認め、クリミアでは認めなかったのはなぜなのか。
ロシアの提案に含まれているのは、”核兵器は夫々の本土から持ち出さないこと。”
これはロシアの言う通り。
核兵器を容認した国民のみが、万が一の場合にはそれによる被害を被る事を明示する事は人類の将来にとって悪いことではない。
なんでこんなプロパガンダ垂れ流してるんだと思ったら、書いてるのが副編集長なんですね…。
関根和弘氏。
朝日新聞GLOBE+副編集長
取材対象に取り込まれてロシア政府の代弁者と化した朝日新聞元モスクワ支局員
朝日新聞さん、戦争を平然と肯定。驚愕の二枚舌でいっそ清々しい。ロシアに憲法9条を輸出しなくていいのか。
私のTLで話題になってたこの記事の図だけど明らかに問題。言語とナショナリティは必ずしも一致しないの知らなかったのかな?
>コソボのケースは認め、クリミアでは認めなかったのはなぜなのか。
これはぜんぜん同列に論じえないでしょう・・・
トランプ陣営の言い分をそのまま流す木村太郎氏を思い出しました。
ここ重要。クリミア政府機関占拠。

>2月下旬には、記章を外し、所属が不明の謎の兵士集団が出現した
>私が兵士の一部に取材すると、彼らはあっさりと「ロシアから来た部隊」と認めた
>のちにプーチン自身も集団がロシア軍だったと認めた

ウクライナ国境にロシア軍10万人
親ロ派の存在でロシアが侵攻することや親ロ派の多い地域の併合を正当化するのなら、1938年の再現であり、ナチの手口の悪質な模倣となる。
関根はロシアのスポークスマンになり果てたか。(´・ω・`)
この人もロシアを弁護したいという欲求を制御できなかった。
なるほど、ようやく理解した

世界史Bやり込んだおかげか読みやすかった
ウクライナ🇺🇦自体が東西で欧州派とロシア派で割れていてピリピリな状況なのは知らんかった。

どっちもどっちな話だがこれで多くの人が犠牲になるのは断固避けねばならん
きちんと東スラブ人のキエフ大公国まで遡って解説されてる良記事...!
これさえ読めば今のウクライナ情勢が大体分かる。
親ロシア地域がガバガバだし、NATOの東欧不拡大も条約締結されてないロシア側の一方的な主張だし、加盟はむしろ東欧諸国側の要請。あと、西側の覚悟もクソも軍事侵攻がまずダメだろ。
「ロシア人にとっては「特別な場所」だったから」ウロシアのクライナ侵攻の理由らしい。
言語明瞭・意味不明。
スターリンによる数百万人規模の大虐殺(ホロドモール)のあとにロシア系が移住したことを無視してるようだし、ウクライナ出身者によれば「ロシア語話者=親ロシア」ではない。

朝日新聞が「武力による現状変更=侵略」を公的に擁護したことはくり返し言っていこう。
兄弟だから争うのだよ。特にフルシチョフという前の時代の親のやらかしが原因で揉めるあたり財産相続で争う兄弟そのもの>かつては兄弟国と言われたウクライナとロシア。なぜこんなことになってしまったのか。
朝日新聞の記者はウクライナ侵略戦争を容認するって意見だろうか。太平洋戦争を翼賛した時のように。/
「堪忍袋の緒が切れたのは、ロシアのプーチン大統領だったに違いない。」
え?そっち?は戦争容認派でした!
ロシアの武力行使は綺麗な武力行使
by 朝日新聞
ロシア政府のプロパガンダをなぞったような文章、書き手の在露・駐露経験率をみるとあの大地には住まないとわからない魔力みたいなものがあるんだろう
「ウクライナ情勢が緊迫している。10万人規模のロシア軍が2カ月ほど前からウクライナとの国境に集結し、「ウクライナに侵攻する」(バイデン…大統領)との見方が浮上しているからだ。かつては兄弟国と言われたウクライナとロシア。なぜこんなことになってしまったのか」
朝日新聞による親露派記事😥
やっぱ朝日新聞ってダメだ。
見出しが「クリミア併合」、ウクライナの地図に親露親欧の二種だけに説明がありロシア実効支配地域がもはやウクライナの一部ではないような凡例の書き振りなど、これ筆者とは別に編集部内に「何か居る」と言われてもおかしくない記事ですね。ただの無神経かもしれませんが。
ウクライナ-ロシア問題についての最近の背景が述べられている記事。
ロシア側の立場が良くわかる。
いやアカヒさん、別の国(ロシア)の大統領がなーーんでウクライナの政治に介入する権利があるという話に??
ロシア視点が知れていい。
けど、最後の最後でなんか来た。

>欧米にも責任はある。冷戦終了後、ロシアと協調すると言っておきながら、NATOの東方拡大を進めてきたからだ。
彼らのダブルスタンダード(二重基準)も問題だ。
ロシアの代弁者のような記事。関根さん何を考えて書いたんだよこれ。
一理あるとは思うが、露の場合まだ新政府がどうなるか分からない段階で軍事介入してるよね。あとアルバニアはコソヴォを併合してない>「なぜコソボはよくて、クリミアではだめなのか。人的犠牲が出るところまでいかなければ認められないのか。驚くべき原始的な皮肉だ」
色々な立場があってよいと思います。朝日新聞に、ロシアの立場に深い理解を示した記事が掲載されるのもまた結構かと思います。
しかしどれほどロシアの立場に理解を示そうとも、「武力による現状変更」を容認してはならないという基本線は変わらないのではないでしょうか。
直近のクリミア併合だけでなく、ロシア帝国・ソ連時代から解説がなされてて分かりやすかったです。
#ウクライナ
この記事、すごく勉強になった。なぜロシアがウクライナに攻め入ろうとしているのかよく分からなかったんだけど、この記事のおかげで周辺の状況まで含めてよく理解できた。必読。

> この出来事はプーチン氏にとって「レッドライン(超えてはならない一線)」だった
なんでウクライナで揉めてんのかなかなかニュースで聞かないからモヤモヤしてたの解消できた。
以上
 
PR
PR