世界で急減のミツバチ、沖縄の女性研究者が解決に没頭 原動力はタトゥー刻むほどの愛:朝日新聞GLOBE+

美ら島の国境なき科学者たち質の高い論文の割合で東京大を超え、世界9位となった沖縄科学技術大学院大学(OIST)。そこに集う世界各国の科学者たちは異能の人ばかり。そんな彼らを紹介するコラム「美ら島の国境...

ツイッターのコメント(62)

これは重要な研究
留学生8割強、秀でる研究成果を世界にも地域にも発信・還元している沖縄科学技術大学院大学。知らなかった!このミツバチの研究も、私たちの未来に関わる非常に重要なテーマ。
まだできて10年!!
沖縄にこんな魅力的な大学があるんだ!
“質の高い論文の割合で東京大を超え、世界9位となった沖縄科学技術大学院大学(OIST)。そこに集う世界各国の科学者たちは異能の人ばかり”

OIST まだ出来て10年そこそこなのにすごいな

花粉パンツって呼称にも愛を感じたね😊
・野生のミツバチは2万種以上
・ある地域にしか生息していないものや、たった1種類の植物しか受粉しないものも
・在来種の花を植えるといった小さな行動でもミツバチを守ることにつながる
すげー エタノールかぁ
すごい。ミツバチが減ったら影響が半端ないから、この方の研究は世界と人類を守る研究といっても過言ではない
ミツバチが減っているという原因が突き止められるといいですね。(グリホサートのせいだ!という主張もなくならないかなぁ…。)
すげーーー世界を救う研究かもですね。
 
PR
PR