TOP > その他のニュース > なぜアジア人と欧米人でマスクへの意識が違うのか 専門家が教える、その科学的裏付け:朝日新聞GLOBE+

なぜアジア人と欧米人でマスクへの意識が違うのか 専門家が教える、その科学的裏付け:朝日新聞GLOBE+

51コメント 2021-02-13 08:16  朝日新聞Globe+

顔の相当部分を隠してしまうマスク。どんな心理学的な意味を持ち、子どもの発達にはどんな影響がありそうか――。顔と身体表現の実証的な研究を通して、文化的な多様性を考える新学術領域研究「顔・身体学」の領域代...

ツイッターのコメント(51)

へえ。「東アジア人の表情は目元、欧米人の表情は口元に出やすく、表情を見る際の注目部位も東アジア人は目元、欧米人は口元だということがわかってきたのです。東アジアの人がマスクに比較的抵抗がないのは、目元が見えるからではないでしょうか。」
マスクをしていると「一目ぼれ」がなくなるかもと思ったけれど、そんな問題ではないんだな。
これをもとにちょっと怖い小説が書けるかも。

>もし、コロナ禍でずっとマスクを着けて口を隠したままの人に囲まれて育つと、赤ちゃんは顔を見つけられないかも知れません。
顔文字が一時話題になった事あったよな。(^^)日本の顔文字は目の変化が多く、欧米の顔文字は:-)口の変化が多いという話だった気がする…
なるほど🤔聴覚障害者はどうなるのかな。ちなみに私はマスクは不快。目だけでなく、顔全体で表情を読み取っているから。なので、マスクしてる人は無表情のロボットに見えてストレス。
(アイトラッカーによる研究の結果)表情を見る際の注目部位も東アジア人は目元、欧米人は口元だということがわかってきたのです。

生後一年ほどで知覚狭小化という文化的な影響を受ける
“東アジアの人がマスクに比較的抵抗がないのは、目元が見えるからではないでしょうか。
(…)
逆にサングラスをずっとしている人に対して日本人が落ち着かない、不遜な感じを抱くのは、表情・感情を一方的に隠していると感じるからでしょう。”
コロナでもマスクしたがらない欧米人ってのはこれだな。
>東アジア人の表情は目元、欧米人の表情は口元に出やすく、表情を見る際の注目部位も
> マスクをしたリアルの人より、マスクをしていない人が映るテレビ、さらにはインタラクティブに動くネット映像の方が魅力的に感じるようになるかも知れません。

悪夢だ。
興味深い記事。
日本人がサングラスをかけている人に対する警戒感に似たものを、欧米人はマスクをした人に感じているということか?
表情認識で、アジア人が目元、西欧人が口元を重視するようになるのは、1歳未満で起きる知覚狭小化によるのか。お母さんが赤ちゃんに向かう時、西洋では口を大きく開けて大袈裟に語りかけ、アジアでは静かに微笑むことが多い文化によるらしい。
コリャ面白い。人種だの生物学的だのと言う話ではなく、相手の感情が顔の何処に出るかを生後1年未満の赤ん坊が知覚する話。
アジア人は目に出すから目を見るし、ヨーロッパは口元に出すから口元を見るよう短期間に「学習」するとな。
マスクの生活が乳幼児にどのような影響を及ぼすか。数年経ってみなければ明らかにならないですね。

「 」
知覚的狭小化_φ(・_・/
これって、何故、欧米人がサニー千葉演じる忍者をミステリアスな存在と考えるか、日本人がTVの逃走中のハンターを観て手に汗を握るかの理由だったりするんだろうか?
なかなか面白い考察。アジア人は目元で、欧米人は口元で表情を認識する。欧米人がマスクに抵抗を感じるのは、日本人がサングラスに抵抗を感じるのと同じような感覚。
たしかに「このウイルスは光で感染するから全員サングラスしろ」ってなったらちょっと嫌かも😅
するけど。
東アジア人の表情は目元、欧米人の表情は口元に出やすく、表情を見る際の注目部位も東アジア人は目元、欧米人は口元。
 ▼
「目は口ほどに物を言う」は東洋人だけの特性。
興味深い論考。
最近この手の話題を見る機会が増えたけれど、これはどこまで本当なのだろうか?視線計測の結果では「欧米人は両目と口元の三箇所を、アジア人鼻周辺を注視する傾向が強い」という仕事がある一方で、反論もあってまだ議論が続いている状況だと思うんだけど。
この記事読んで、バットマンがなぜ目元を隠し、忍者が口元を隠すのかっていうことを思い出しました
‟新型コロナの流行前から、女性がノーメイクを隠すのに日本ではマスク、欧米ではサングラスを使ってきました。”

‟表情を見る際の注目部位を調べたところ、生後7カ月でも東アジア人は目元、欧米人は口元でした。”

なるほど、マスクに対する意識の差。
とても興味深いが、この談話の限りでは私はいま一つ、十分に納得できないなぁ。人が目と目を合わせる事は欧米での方が多い(乾杯や握手の時は必ず)し、目を心の窓と見做すのは人類共通ではないか?そもそも、「アジア人/欧米人」という分類の的確性が怪しくないかな…?⇒
なるほどね。
「 専門家が教える、その科学的裏付け」
見出しよりよっぽどマスクと発達、認識と視線の話の方が面白かった。
めちゃくちゃ面白かった。
アイトラッキングをつかった実験とナローイング(知覚的矮小化)-
文化の違い話かと思ったら発達心理学の話に。面白い記事。/
日本は能面でも表情を読み取るしね。
目元から表情を読み取るアジア人、口元から表情を読み取る欧米人。その違いがマスクへの意識の違いを生む
欧米のギャングはバンダナで口元を隠す。日本の不良はサングラスで目を隠す。だから日本ではサングラスが反社会的なイメージを連想させサングラスが売れない。でもマスクには抵抗がない。逆に欧米人は口元を隠したくないからマスクを嫌がる。というのがメガネ屋的俺の考察👓
確かに欧米人はコロナが無ければマスクをしているイメージなかったけどこういう事か。それに対してアジア人、特に日本はインフル流行の季節とか何の躊躇いもなくマスクするのが当たり前。それも納得。
マスクあるかないかで声の出しやすさ全然違うねんな。

あと顔まわりが弛む感覚あるから嫌やねん。
今はまだつけるけど
抵抗感とかの問題じゃない。国民病とも言うべき花粉症でせざるを得ない。コロナの前だってマスク不要なのは1月くらいであとの11か月はほぼマスクしてたしな。杉だけじゃないから。そんな印象とか言ってられない。死活問題。
コロナ禍の前年まで春になるとマスクばっかだよ日本人wってバカにしてた記事があったんだけど、そういう所から来てたんだね。
差別は相手が得体の知れない感じから生まれ→不気味→嫌な感じ→攻(口)撃してやるって。
...
これはおもしろい。ほんと、人間って社会的だよねって思う。禁止するのは楽だけど、こういうところからルールを考える必要があると思う。
表情を読み取る際に見る場所が異なる。

興味深い!
女性がノーメイクを隠すのに日本ではマスク、欧米では……


大牟田透記者の記事です
なるほど〜💡絵文字の違いとか、確かに言われてみれば!って感じ🤔だから欧米人は歯並びも気にするのかな。将来子どもの顔認識能力にも影響があるかもとの事。私もアジア人以外の顔の見分けが付かないし、子どもが居たら小さい頃から外国映画も見せまくったら良いのかな?!
なるほど。
マスクをしながらの子育ては何かしら影響があると考えていたのはやっぱり正解だったようだ。
マスクをイヤな人たちって、相手の声や表情が分からないから、ではなく、単に自分が息苦しい、喋りにくいからだと思ってました。

相手の表情を読み取りやすいかどうかなんて二の次な気がしますけどねぇ。
海外では歴史上、罪人に鉄仮面を付けさせていたという歴史もあるよね。 /
この記事の内容は違うと思う。僕が文化を理解してるのは日米ですが、日本は村社会で人と違うことをすれば村八分。学校教育も皆同じ主義。アメリカは自由の国で他人を鑑賞しないし自己主張が大切。個人がマスク意味無しと判断すれば他人からごちゃごちゃ言われるの嫌う
よく赤ちゃんで眼鏡の人を見ると泣く子がいる。でも最近は眼鏡平気な子が多くなったのはもう日常に眼鏡の人が沢山いるから?それともオモチャだと思ったから?→
アジア人と欧米人のマスクへの意識の差 表情を見る際の注目部位に違い
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR