アメリカで見た『鬼滅の刃』大ヒットの光景 『呪術廻戦』に次のブームの予感:朝日新聞GLOBE+

日本でアニメ史に残る爆発的な人気となっている『鬼滅の刃』は、同時進行で米国のファンも魅了している。ただ、ここに来て、次の世界的なブームの主役となりそうな作品がでてきた。『呪術廻戦』。米国を始め、世界各...

ツイッターのコメント(26)

翻訳コミック、そういえば翻訳分のコストかかっているから元のやつより高いんだよな。
"鬼滅の刃の英訳版第1巻が米国で発売されたのは2018年7月。いまや日本で国民的ともいえる鬼滅ブームの火付け役となった同作品のアニメ放送が日本で始まった2019年4月よりも前だった"
コロナでハリウッドなどの実写の撮影が止まっている。そのため、ハリウッド映画がおさえていた個人の娯楽に費やす時間を日本のアニメに転換させる大チャンス。鬼滅の刃がブームになるのであれば、コードギアス、シュタインズゲートは大大大ブームになっていたはず。ガンバレ。
最近呪術廻戦にめっちゃハマってる
ナルト、BLEACHのようなヒット漫画の良いところが全部詰まってる印象
そうなんだ
そんなに人気なのね〜
確かにおもしろい👍
今クール心待ちにするアニメの1つ
>「鬼滅を除けば、いま米国で最も勢いがある作品がある」という。『呪術廻戦』。「すでに人気が出ていますが、米国ではアニメが始まってから漫画が売れるので、今後さらにブームが来る
“「米国内での鬼滅の刃の人気は、来年の全米での劇場版公開にあわせて第2波がやってくるのは確実です」”
鬼滅は英題がロストイントランスレーションでかすぎだろと思ったが、呪術廻戦はそのまんまなのもええのんかと思う外野。どっちも無茶苦茶面白いよね。
次は呪術廻戦が逆輸入されるか...
こちらはDamon SlayerみたいにならずそのままJujutsu Kaisenになったのだな( 'ㅂ' )
 
PR
PR