TOP > その他のニュース > 新型コロナ感染者の移動ルートをマップに表示 緊急事態の韓国で使われる個人情報とIT技術:朝日新聞GLOBE+

新型コロナ感染者の移動ルートをマップに表示 緊急事態の韓国で使われる個人情報とIT技術:朝日新聞GLOBE+

17コメント 2020-03-05 23:00  朝日新聞Globe+

韓国の新学期は3月から始まる。2月のある日の昼下がり、小学2年になる娘の友達の母親から、私の携帯電話にSNSのメッセージが送られてきた。 「○○小学校が休校するって知っています? 新型コロナウイルス感...

ツイッターのコメント(17)

これが21世紀的な「生権力」の形なのか、という気がする。
韓国のような「コロナ・マップ」があれば、感染ルートを避ける動きもできそうですが、個人情報に関してこうるさい日本では… 今の日本でできるのは かな。
韓国のこの辺りの対策は議論の余地が大いにあるでしょう。>
>ほぼリアルタイムで感染者の移動ルートを追跡できるのは、韓国ならではの理由がある。韓国の人たちは、現金をほとんど使わず、クレジットカードや電子マネー、携帯電話のアプリの決済を使っている。これらの使用履歴をたどれば、感染者の移動したルートが分かる
感染者の移動ルート を公表する韓国と都道府県、政令市、保健所管内で発表する日本。

人権への配慮や無用な混乱を避ける必要はあるが感染を防ぎ国民の命を守るためにどちらが正しい対応か?日本はデータ無くマップ作成できないが単位があまりに大雑把では?
これは私の感覚では「人権侵害だな嫌だな」です
韓国だと、コロナの感染者がどこに立ち寄ったのかアプリで分かるようになってるらしいけど日本ではそういうのできないんですかね
韓国ですよ!「災害及び安全管理基本法」を一部改正して施行し、大きな災害時に国の中央対策本部長らが被災者の個人情報と位置情報を収集できるようになった。これによって、国が通信事業者をはじめとした企業や個人に情報提供を求め、それに応じる義務が生じる
スマホの位置情報等のデータを使えば、感染者の行動とか感染者同士の交わりがすぐ分かって、役にたつのではって、やっぱり思ったよね。日本でできるのか分からないけど。
日本でも賢い人が開発して欲しい・・・。
中国にもある。
新型武漢肺炎感染者の移動ルートをマップに表示 緊急事態の韓国で使われる個人情報とIT技術(GLOBE+)
キャッシュレス社会ゆえに使用履歴から移動ルートが分かる。また地下鉄やバスの中ではWifiが無料で使えるため、接続記録からいつどこで地下鉄やバスに乗ったのかも追跡できる。
日本はいつまで足踏みし続けるんだろう。
紙製品不足でパニック起こしてる場合じゃなくない?
日本以上に新型コロナの感染拡大が深刻な問題となっている韓国では、コロナマップなるものがあるようです
個人情報たたダダ漏らしアプリだったという……。
@koreanewscolle2 保健当局情報を個人や民間が地図上で視覚的に見れる様にしたアプリでした

»  緊急事態の韓国で使われる個人情報とIT技術:朝日新聞GLOBE+
韓国:新型肺炎感染者の移動ルートを確認できるコロナ・マップ。キャッシュレス決済が進んでいる韓国ではアプリの決済履歴から感染者を追跡できることを利用。パニックを防ぐには詳細な情報公開と最悪ケースの説明とが必要。プライバシーを犠牲にして前者を優先するサービス。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR