「父子鑑定をしたら母親は叔父でもあった」という珍事に現場は大混乱 - GIGAZINE

20コメント 2022-11-30 09:01|GIGAZINE

「本当に血のつながった親子なのか?」という疑問は、親子同士の血縁や作物・家畜等の品種を特定することにも用いられるDNA型...

ツイッターのコメント(20)

私の頭の中も混乱しています。そうか、似てない親子はそういう可能性もあるのか。遺伝子とはなんと利己的なのだろう。
へえええ
遺伝子ですべて決まるという遺伝子万能論の人たちはどう思うんだろう。実際はこんなにも複雑で混乱しているのに。(^_^;)

»
ちょっと違うけど『アルゴリズム+データ構造=プログラム』や『アルゴリズムとデータ構造』の "アレ" を思い出した。
この世に生まれることのなかった兄弟の遺伝子が女性の中で生き続けていて子の父親になるというSFみたいな話→
これは興味深い。
うちの息子もバニシングツイン。

キメラの可能性あるのかしら。
ユニス氏は「母親のDNAの中で、姿を消した双子の兄弟の遺伝子が生き続けています」と解説し、それはDNA的に「人間のキメラ」である

こんな事あるのか∑(゚Д゚)

「父子鑑定をしたら母親は叔父でもあった」という珍事に現場は大混乱 - GIGAZINE
簡単じゃないね
ただでさえキメリズム?
それをなんでも個人の自由つまり好き勝手なら
末は?何が善で何が悪
もう群れに問えなく也
個人の自由だから
其れじゃ律の本末転倒へ
個人が生きて国が死ぬのか?
本当に哲学をしろよ
群れで始まったんだ人間は!
己が性で歪めるな
群れをだ
個人主義め
種明かしすればCSIでもあった一つの遺伝子のなかに別の遺伝子が存在するキメラ遺伝子の持ち主という奴。珍しいことたけもちゃんと母親は母親で良かったね(^ω^)
/ マジか!人間でもキメラってあるんやな。
へぇ〜
失われた双子の遺伝子を取り込むのかぁ
途中から女性の特徴が出て来たり逆もあり得るのかね?
生命は不思議だ
タイトルからだけだと、何言っているかわからない
ε=╭( 'ω' )╯ 双子の片割れ(男)を吸収して生まれてきたのが、産みの母親だから遺伝子的に違うってなったのかー
キメリズム//人口の最大10%//
消失双生児症候群」に関する調査が示唆して//
>
胎児//遺伝子を受け取る//後天的にキメラになる「マイクロキメリズム」というケースも//
これから読む🔍(👀))| - B!
DNAから見えてくる、生まれる前に消えてしまった双子か。
「父子鑑定をしたら母親は叔父でもあった」という珍事に現場は大混乱...
以上
 
PR
PR