絶滅したと考えられていたカラフルなハトが140年ぶりに発見される、動く様子を撮影した動画も公開中 - GIGAZINE

16コメント 2022-11-21 13:01|GIGAZINE

太平洋のニューギニア島周辺に生息するゴクラクバトの一種である「Black-naped Pheasant-pigeon(O...

ツイッターのコメント(16)

絶滅したと考えられていたカラフルなハトが140年ぶりに発見される カラフル???
絶滅したと考えられていたカラフルなハトが
140年ぶりに発見される、動く様子を撮影した
動画も公開中

北東部で目撃談の続いたゴクラクバトとのこと、
美しい✨

ただwikiで
>北海岸のワポルにある金鉱床は、
>1990 年代半ばに短期間だけ採掘
とか読むと懐疑に駆られる昨今
動画については、こちらに説明が載ってます。
絶滅したと考えられていた鳥類「ゴクラクバト」の1種が140年振りに発見される
ひょっとして、オガサワラカラスバトもこんなふうにひっそり生き延びてないかな……硫黄列島とか、もっと南のマリアナ諸島とかで……
ばっぱら!
再発見のニュースは本当に嬉しいですね!
うおー!これは凄い話だ。めっちゃ興奮する!(…まぁ、このハトの存在自体知らんかったけどね、この記事を読むまで…でも…やっぱ興奮する!)
こんなハトがいるんだ!
この画像は貴重
絶滅したと考えられていたカラフルなハトが140年ぶりに発見される、動く様子を撮影した動画も公開中...
以上
 
PR
PR