IntelとAMDが輸出を禁止したロシアで代用される中国産x86チップとは? - GIGAZINE

66コメント 2022-05-23 12:31|GIGAZINE

ツイッターのコメント(66)

代用できるのか?(笑)
流石に笑う
Windows10までしか動かない…がTPM2.0はロシアと中国には関係のない話だったか。
性能的に言ってしまえば、デスクトップ版12世代のCeleronにすら劣っているのに電力使いすぎという…。

まぁ、横流しが判った瞬間に中露両方叩く口実が出来るので米政府には都合が良いのか…。
クローンx86さえ、欧米企業の特許を使わざるを得ないはずだけど。そのうち、中国やロシアはrisc-vに移行するだろうが。 ”
ロシアと取引している企業を経済制裁リストに入れて兵糧攻めしないと
PassMarkスコア1400はさすがにきついな…
i5-12600がスコア27000とかもう比較にもならないけど、調べたら10年前のi5-2400ですらスコア3800だった
読んでる。「KX-6640MAは近年のスマートフォンに搭載されているチップと比べてもスペックは全く高くない」:
VIAは米に〆られるの覚悟の上なんだろうか/
「台湾のVIA Technologiewと上海市が共同出資したチップメーカー・上海兆芯集成電路有限公司(Zhaoxin)が作ったx86チップ」 VIA……懐かしい名前だ……
旧VIAだからなぁ・・・
パチモンの中華チップ
ーーーー
そういや前にアスキーか何かでこういうの見たな…
聞いたこともないCPUやチップセットがロシアの主流になる?
そもそもx86を基本としたら中国とロシアで開発しても開発元のIntel,AMDと同等かそれ以上の性能のものを作るのは相当厳しい。チップを開発してるのが上海市が出資した会社とか書いてあってさらによく分からん。
AliExpress でもみられる
互換CPUもありますが、
どうやって使って居るのか?
結構あっちこっち読まないと分からんです。
今夜読まねば。
昔は互換CPUたくさんあったんだけどねぇ
今どきx86ですか...
VIA C3の発展系みたいなCPUだけど、性能はそんな感じなのでお察し。オープンソースのRISC-Vベースで新しいチップを開発する動きはあるようだが、設計できても製造できねぇんじゃ意味なくね?
中華cpuの兆心がロシアで売れてるwwwwww
(まあセントールはインテルに買われましたが)
そんなに悲惨なことになってるのか。。
なんだか面白いことになっているなあ……(真顔)。
昔はAMD以外にもX86互換CPUっていっぱいあったよねってノスタルジックな気持ちに・・・w
x86環境が大量にあると致命的だね・・・ロシアは
そんなモン使ったらロシアの資産はすべて中国に吸い上げられてしまうぞ。

Core2quadくらいか?
とはいえ、「軍事には」枯れてることの方がずっと優先だし、充分なんじゃないのかな。サイバー戦ではわからんけど。
> 近年のスマートフォンに搭載されているチップと比べてもスペックは全く高くない
で、これ。
先のベンチマーク数値のと比べるとだいぶ遅いプロセッサ使ってるので、パフォーマンスを求めた製品ではないだろうね。日本ではいまだに新品で同等の性能のPCが売られている以上、頑張ってるほうだと思う。
最新のx86 cpuは、中国など経由してロシアに輸出できないものなんかな。その昔、中国はラオスを経由してタイから日本車など密輸してたらしい。ラオス人にとってはいい商売だったとか。
長期化すれば独自進化すればそれはそれで面白いが個人的にはintelとAMDに頑張ってほしいな〜😅
こんなニュースすきだね!
自前でCPU作り始めたのか、、
これを期に中国CPUが成長したりするんだろうか
やっぱ自国でCPU作れるってのはいざって時に重要ですねぇ…。

てかアーキテクチャx86ですか…。

中国といえば龍芯というメーカーが独自アーキテクチャのCPU開発したとかいう話はどうなったんでしょ。
VIA!VIAじゃないか…!
代替は出来ても2007年あたりのCore2プロセッサ程度の性能じゃ大した事もできまい。

それにしてもホンの3か月で落ちる所まで落ちたね。

こうして急速に衰退していく国の事例を見て行く事は興味深い。
重そう (^-^)/ PassmarkにおけるKX-6640MAの平均スコアは「1566」で、iPhone 12シリーズに搭載されたAppleのA14 Bionicチップが記録した「8543」に遠く及ばない
最初はショボいと思っていてもいつの間にか改良していたりするから油断はできない。
尚、日本は外圧により😢
"ロシアでは、Rostecという国営企業がオープンソースの命令セットアーキテクチャであるRISC-Vを採用したノートPC向けチップの開発"

まぁそうなるよな
もともとはVIAだった気がするけどどうだったっけ?
これ、今は性能の悪いCPUでしかないが、今後、国家が関わってくるとなると話が変わるだろうな。やはり、この分野でも東西分断となるのだろうか?
Core2Quadぐらいの性能かな
業務で使うには圧倒的に性能不足だ
コンテンツ産業はじめどんな現場にとってもITテクノロジーの遅れは致命的で西側の製品が手に入らなくなったら20世紀に逆戻りしてしまう
これが21世紀の戦争のかたち
ドンパチはないけどジワジワ効いてくる
台湾とアメリカに制裁されるとこんなゴミみたいな石掴まされるしかなくなるのか...こわ
出来がイマイチな独自実装いいぞ…(歪んだ親愛)
ロシアと中国に本社を持つ電子機器メーカーのDannieは、2022年5月に「MBX-Z60A」という新しいデスクトップPC用マザーボードを発売。マザーボードは、台湾VIA Technologiewと上海市が共同出資したチップメーカーZhaoxinが作ったx86チップをサポートするように設計されている
なんだか中国版V30みたいな事に。。
KX-6640MAって言うんだって。
代用品はやっぱり中華の国の技術なんですね😅
雑魚すぎるのか、強すぎるのか
ロシアは、IntelやAMDなど主要なプロセッサーメーカーから半導体製品の輸出および販売を禁止されています / COCOM規制の時代に逆戻り❓ロシアでソフト開発はできないね…😔
米国務省によると、中国政府は。
16nたと、中国にも製造できるFabがないよね。ちょっと締めればこれも終わりじゃないかな
ε=╭( 'ω' )╯ スペック的に、iphone12の1/5
12~10年前のPCスペックだねー
iPhoneよりも劣るPCか…。
今は性能が全く及んでないが、5年10年後にIntelやAMDを脅かす存在にならないか?が不安…
ロシアでは、IntelやAMDのCPUが入手できない状況を打破すべく、国営企業Rostecがオープンソースの命令セットアーキテクチャであるRISC-Vを採用したノートPC向けチップの開発に取り組んでいる。
|地味に国力を奪われる。ロシアはパソコン、スマートフォン、車が無い国家に落ちぶれ経済や能力が暗黒大陸的に水準になるかも……。
ロシアのスマホ用CPU(中国製)とサーバー用CPU(ロシア製)の性能が、お話にならないレベルの処理性能のよう。
西側の半導体へのアクセスを禁止されると、それはもはや死を意味する。
PCやサーバまで「東側独自CPU」で構成されるように。
x64に見切りつけてARMか何かにいったらOSレベルで断絶が起こるかもしれんな東西で
MSFTがWaaSいうのも先見の明があるが…自分でサービス打ち切ってたら誰も契約せんわな
これを期に第三の勢力が出来上がるきっかけになる可能性も僅かながらあるな
IntelのCPUだと、使い勝手はどのぐらいのものと同じ感じなのかな?なのです。
そう言えば、ソ連時代はコンピュータは社会主義に合わないとか言って、研究を禁止してたよな。
IntelとAMDが輸出を禁止したロシアで代用される中国産x86チップとは?...
以上
 
PR
PR