「プラスチックを素早く分解する酵素」が機械学習モデルを利用して開発される - GIGAZINE

31コメント 2022-05-20 09:01|GIGAZINE

ツイッターのコメント(31)

機械学習を学ぶモチベーションは色々あるけど、自分の得意な方面(IT)で環境問題にアプローチするため。

化学系(特に実験)は苦手だと高専で痛感したけど、機械学習の関わり方の幅は広いから、まだ関わる機会がある気がしてる。

こういうのとか痺れる。
\本来なら分解に数世紀かかるプラスチックを数時間~数日で分解する酵素/

こんな技術が!実用化が待ち遠しいです!
プラスチックを素早く分解する酵素が機械学習で開発されたようですね!!
これは実用化されれば、環境問題対策として期待出来そうですね!!
興味深いけど、その酵素の存在自体が有害物質ぽくて恐ろしいんだけども。
数学と理科をやるべし
英語も

国語も・・・増えていくなぁ
人体実験して迄 新薬の治験を行わなければ
ならない時代は終わっているのだが、

医療や製薬業界、特に日本のは疎いからねぇ、
HPCやAIの活用に関しては。

それで理不尽にタヒに追いやられている患者も
居る世界に疑問を持て人間#
「テキサス大学オースティン校の研究チームは機械学習を使って、「本来なら分解に数世紀かかるプラスチックを数時間~数日で分解する酵素」を作り出しました」

なんかもう、シンギュラリティまであと数十年って感じですな

それまで自滅せずにいられる可能性が最近減ってるが
> 機械学習を使って、「本来なら分解に数世紀かかるプラスチックを数時間~数日で分解する酵素」を作り出しました。
>「この研究は合成生物学・化学工学・人工知能など、異なる分野が融合することの力をはっきり示しています」
まず、酵素を人工的に作れる事を初めて知ったが、

ポリマー(重合体)をそんなに早く分解できる酵素の影響非常に大きそうだが

他物質や人体影響はどうなのだろう
ポリエチレンテレフタラート(PET)を分解することで知られるPETaseという天然酵素の突然変異を機械学習モデルで生成し、どの変異がプラスチックを低温で素早く分解できるかを予測
ε=╭( 'ω' )╯ これはすごい
海洋のマイクロプラスチックとかにも応用できるようになるといいね
サステナビリティな世界に向けてMLは新しい発見を常にあたえてくれて嬉しいです。この領域でなにか一旗あげたい!
えっとぉ・・
この酵素はものすごい戦略兵器になる。

なんだってぇ?

だって、この酵素をばら撒いたら PETボトル が崩壊。
すなわち社会活動破壊・・
チャンチャカチャンのチャンチャン
夜泣き中に見つけた記事。機械学習ってやっぱりすごい🤓
「プラスチックを素早く分解する酵素」がアメリカで開発される

コメント→
・分解に数世紀かかるプラスチックを数時間~数日で分解
・プラスチックは世界の廃棄物の約12%を占めている
・数十億トンものプラスチック廃棄物による土壌や海洋汚染が大きな問題
この辺のIT分野はこれから熱くなりそうで楽しみやな

reading…
...やればできるじゃないwww
モノマーに分解する酵素を機械学習で…🤯!

Gigazine -
酵素だと生きてる必要ないのかな。プラ系の建材とか看板にぶっかけるとどうなるんだろ。
PETを分解するPETaseという酵素があったのね。それをいわば最適化したってことかな。
これはとんでもない。
「プラスチックを素早く分解する酵素」が機械学習モデルを利用して開発される。本来なら分解に数世紀かかるプラスチックを数時間~数日で分解する酵素
PETを分解することで知られるPETaseという天然酵素の突然変異を機械学習モデルで生成し、どの変異がプラスチックを低温で素早く分解できるかを予測した。
機械学習による技術革新がもっといろんな分野でたくさん起こりそう /
作られたものも、作るための道のりも、どっちもすごい!
>「この研究は合成生物学・化学工学・人工知能など、異なる分野が融合することの力をはっきり示しています」
分解能力が高すぎてこれを自然環境化に放しても問題ないのかがきになる。
開発?自然にばら撒いたら変なことになったりすると大変ね。>
この先20年くらいでプラスチック分解プラントが当たり前になってたりして
「プラスチックを素早く分解する酵素」が機械学習モデルを利用して開発される...
以上
 
PR
PR