他のウイルスよりも新型コロナウイルスの突然変異率が高く見えてしまう理由 - GIGAZINE

12コメント 2022-02-01 16:06|GIGAZINE

ツイッターのコメント(12)

2020年に感染拡大し始めてから、デルタ株やオミクロン株など感染力の高い変異株が猛威を振るっています
変異株の出現頻度について、科学系メディアのLive Scienceが専門家の意見をまとめています
感染を減らすことが、さらなる変異の抑制になる。そういう意味でも軽症だから広げて良いにはならないと。

新型コロナウイルスの突然変異率は他の一般的なウイルスと同様だが、人々の間を約2年間絶えず循環しているため、感染に有利な突然変異を生み出す機会が増えている
「突然変異率は他の一般的なウイルスと同様ですが、新型コロナウイルスは人々の間を約2年間絶えず循環しているため、感染に有利な突然変異を生み出す機会が増えています」
ワクチンの影響もある!
人間が培地を拡げてるからって気もする
新型コロナウイルスの変異株の出現頻度について、科学系メディアのLive Scienceが専門家の意見をまとめています。
「新型コロナウイルスの突然変異の頻度は、インフルエンザウイルスや風邪の原因となる一般的なコロナウイルスと同程度です」
あほらし。既に指摘済み



効果の高いワクチンが急速に開発されたことが多くの変異株の発生を引き起こした可能性があるとのこと。…ワクチンの効果を弱められる変異株に対して強力な選択圧がかかり…
効果の高いワクチンが急速に開発されたことが多くの変異株の発生を引き起こした可能性がある。
効果の高いワクチンが急速に開発されたことが多くの変異株の発生を引き起こした可能性がある -
“他のウイルスと突然変異の頻度が同程度にもかかわらず多くの変異株が登場している現状について、専門家たちは「ウイルスの感染力」「動物から人間への宿主の変更」「ワクチンの開発」といった要因を挙げています。”
他のウイルスよりも新型コロナウイルスの突然変異率が高く見えてしまう理由...
以上
 
PR
PR