AppleでMacのM1チップ移行を主導したエンジニアリングディレクター「ジェフ・ウィルコックス」がIntelへ移籍 - GIGAZINE

23コメント 2022-01-07 10:26|GIGAZINE

ツイッターのコメント(23)

あれ?そうだったんだ。M1 とか M2 とか結構期待してたんだけど。とりあえず、M1 上の PyTorch の挙動が期待しない結果になる場合があるのは修正されて欲しい…。
CPUを作っている主要各社に移籍してそれぞれ強化していくのかな。なんというか、国力だなぁ。
アップルのデスクトップ部門は崩壊しそうだな。
ほぅ、この展開は
逆説的には、Intelも「M1チップは成功」と認めたということか。
1ユーザーとしては、今後のCPUの進化に期待。
ハイパーなヘッドハンティングやな。
インテルは2800億円人材に投資か。。
羨ましい、、、
アメリカの業界はわくわくする
簡単にライバル会社に移籍してしまうんですね💦
これぞヘッドハンティング
そのような、開発者を引き止められないappleは、IT企業としてどうなのだろう。
む、これは痛いんではないかい(まぁ半導体設計の世界なんで、効果が出るのは早くて3年以上あとなんだけど)
Intelは、なんだかんだこういう強さあるからなぁ。
余談ですが、Final Cut Proの原型は、元々AdobeでPremiereを開発していた人がMacromediaに移籍して作り、その後ソフト自体はAppleに、MacromediaはAdobeに買収されました(笑)この世界の行ったり来たりはほんと面白い!
米の人材流動はダイナミックで面白いな。—-
この業界はこういうの多いねー
なかなか面白いニュース
ここらへんの人たち、一仕事終えると移籍してるような印象が強いからあんまり驚きはないなあ。
凄いなインテルとアップルを行き来してお金どんどん入ってくるシステム。
AppleでMacのM1チップ移行を主導したエンジニアリングディレクター「ジェフ・ウィルコックス」がIntelへ移籍...
以上
 
PR
PR