海外の技術者が日本語の「文字化け」を本気で解説、日本人顔負けの日本通っぷりが披露される - GIGAZINE

60コメント 2021-11-02 20:06 GIGAZINE

文字が適切に表示されずに読めなくなってしまう「文字化け」は、海外の技術者の間でも「Mojibake」で通用するとのこと。そんな文字化けの種類について、東京で神経言語プログラミング(NLP)の開発をして...

ツイッターのコメント(60)

文字化けという日本語につきまとう盲腸炎のような事象メモ。
Unicodeが普及して以降、ほぼ見る事も無くなってきましたが、今でも半角カタカナを見ると殺意が(笑)
mojibakeっていうのか
戻り値にこれ見よがしにu付けてくるのに、uつけて渡すと対応出来ないmaya2019さん可愛い🥰
真面目に解説してる。おもろいなぁ。

GIGAZINE: 海外の技術者が日本語の「文字化け」を本気で解説、日本人顔負けの日本通っぷりが披露される.
>特に目立つのは『高』の異体字の『髙』で、線がつながっていることから『はしごだか』と呼ばれ
ナルホド。🐈
日本人も知らないような平安時代通の外国人とか
外国人杜氏とか
と同じ匂いがするw
国内の技術者じゃん(大笑い)
「東京で自然言語処理(NLP)の開発をしているポール・オリーリ・マッキャン氏が解説」
譁?ュ怜喧縺代▲縺ヲ讌ス縺励>繧医?縲
縺ェ繧薙°遏・繧峨s縺代←螂ス縺阪↑繧薙h縺ュ縲
「慣れると使われている文字コードの種類を推測することができるそう」

足利義満が座っている畳の縁ww
 
PR
PR