大阪大学が3Dプリンターで複雑な和牛肉の構造を再現する「3Dプリント金太郎飴技術」を発表 - GIGAZINE

18コメント 2021-08-27 16:01 GIGAZINE

ツイッターのコメント(18)

今日行ったワールドに関係する記事
培養肉で食料品安くなるなら…喜んで買うの…
〉3Dプリント金太郎飴技術

本当にこの名
どんどん加工も進んでいくのね
日本、食研究の方向性が海外とは全然違っていいんだよな・・・(
"大阪大学大学院工学研究科の松崎典弥教授が、和牛肉の複雑な組織構造を3Dプリンターで再現する「3Dプリント金太郎飴技術」を発表"
「3Dプリント金太郎飴技術」って何だか『ねじ式』の「ポキン金太郎」みたいなイメージ。
凄い技術だとは思うけれども、阪大も電通大のようになかなかのネタ研究しているのが面白い(^_^;)
市販されたら、食べてみたい😋
GIGAZINE: 大阪大学が3Dプリンターで複雑な和牛肉の構造を再現する「3Dプリント金太郎飴技術」を発表.


記事中でも「3Dプリント金太郎飴技術」が連呼されている
> 既存の培養肉技術の多くは筋繊維のみで構成されるミンチ肉に近い構造ですが、3Dプリント金太郎飴技術は本物の肉に近い複雑な組織構造をオーダーメイドで作成できます

にく
家庭用早よ
阪大やるね!
大阪大学が3Dプリンターで複雑な和牛肉の構造を再現する「3Dプリント金太郎飴技術」を発表。
出た❗人工肉〜
ε=╭( 'ω' )╯ これはすごい
多分ひかわ玲子さんの三剣物語(うろなんで不正確)に出てきた、「どこからみてもそっくりなリンゴがいっぱいで気味悪い」が実現できそう!
研究室で行われた実証試験では、筋繊維42本・脂肪組織28本・毛細血管2本の計72本をプリントしてから手で束ね合わせることで直径5mm×全長15mmの肉塊を作ることに成功した。
成型肉が美味くなりそうだけどオージービーフで和牛の味が出せるわけではなさそう :
大阪大学が3Dプリンターで複雑な和牛肉の構造を再現する「3Dプリント金太郎飴技術」を発表...
以上
 
PR
PR