「道路の色」を変えるだけで最高気温が1.4度以上も低下するという研究結果 - GIGAZINE

29コメント 2021-08-22 09:01|GIGAZINE

ツイッターのコメント(29)

良い研究結果見つけた。暑いのマジでダメだから変えても大丈夫そうなところは即刻変えてほしい
白い道路は反射するから地面が暖まらないというのは、逆に反射先が暖まるという事で、地球に降り注いだ日光の熱量は同じじゃないの??

>
>反射した太陽光によって近隣のビルを逆に暖めてしまう可能性がある
>歩道に明るい舗装を施す場合も、歩道自体の温度は~低下するものの、歩道から1m前後の高さでは反射した太陽光によってむしろ気温が上昇してしまうため、「歩道には適していない」
なるほど、確かに。ダークグレーのアスファルトを明るめの色に変えるだけで気温が下がる。 / (GIGAZINE)
道路に太陽電池を埋め込む系の話題はてっきり見なくなったけど、実現可能性と言う意味ではこちらは期待値高めなお話
一概にCO2だけが悪者なわけではないよね
「道路の色」を変えるだけで最高気温が
なるほど、これは凄い!

>舗装された道路から放たれる熱はヒートアイランド現象の中でも大きな役割を占めており、夏季に都市部が郊外部よりも数度ほど気温が高くなるのは、舗装された道路が主な原因
道路を明るく舗装すると、それだけで1.4度も下がるのだそう。

夏の暑さがそれで少しでも穏やかになるなら――。

車の運転にとって明るい色が危険でなければ、日本でも検討してほしいところです。
「歩道には適していない」というのが残念。
即時、実施してくださいませんこと?
(研究結果は正しいと信じてます)
思いつきそうで、案外盲点だった研究結果…?好き勝手塗るわけにはいかないので、4色問題の実践として、とりあえず4色に固定して塗るのも面白そう。
そりゃそうだよねー。
あと、世界の深夜早朝の信号をほぼ全てを点滅信号に変えたらかなり効果出ると思うよ。
-
ヒートアイランドと温暖化は全く別の問題🤟🏼
都市部では大地のおよそ40%がアスファルトなどで舗装されていますが、舗装された道路は日光を吸収し、時間経過とともに徐々に熱を放出して都市全体を暖めています。
自論としてはアスファルトとコンクリート全部かがせば2~3℃下がると思うの!誰か論文書いて!
道路の色を変えるだけで最高気温に1.4度の違い 研究結果
無理する前にこういうのいいな。照り返しはすごそうだけんど。
道路の色を変えたら気温を下げられる
という報告があった
早くやって欲しい
道路ってなんで黒なんやろか。
温度についてはそうなのかもしれないけど、路面が光をより反射するようになると、運転しづらくなるし事故も増える気がする。
これ結構前からある指摘だけど、カラフルならいいってものでもない。雨や雪のときは黒い方がいい。自然界は緑色・水色・砂/土色で、その色にすればいいというものでもない。表面が平らなのだから。
道路が明るくなったら、晴れの日は眩しそう。
コレは面白い計算だな。チリつもも大切だ。
<「明るい舗装」をアメリカの全ての道路に用いた場合、1年間あたり自動車400万台分に相当する温室効果ガスを削減可能で、最高気温は少なくとも華氏2.5度(摂氏1.4度)低下し、熱波は41%減少するとのこと>
道路は反射を考えるとややこしそうなので、とりあえず全ての建物の屋根を真っ白にしてはどうか。
おやっ😳
だいぶ前に立証されてなかったっけ🤔⁉️
「道路の色」を変えるだけで最高気温が1.4度以上も低下するという研究結果...
以上
 
PR
PR