カラスは「ゼロの概念」を理解している - GIGAZINE

12コメント 2021-06-15 21:03 GIGAZINE

5世紀ごろに初めて登場したとされる「ゼロ(0)」の概念は、数学の分野に劇的な変化をもたらしました。ゼロを1つの数として認識できるのは人間をはじめ、アカゲザルやミツバチといった限られた生物のみだとされて...

ツイッターのコメント(12)

いや、どんだけ賢いのよ💧
さすがカラス!
>鳥類と哺乳類が共通の祖先から分裂したことを考えると、2種が共通する認知能力を持っているという事実は注目に値します」

序盤にミツバチもできるって書いてあるせいで(せやろか彡(゚)(゚))ってなってしまうわ
"Kirschhock氏らは「カラスは『黒点がない』ということをただ『何もない』と認識しているのではなく、実際には数値として扱っていることを示しています」"
ついでにゴミ出しの曜日も完全に把握している
ゼロといえばこれも面白い記事
知性がどこまであるのか興味がある
興味深い。
---
カラスなのでゼロもnullもundefinedも“理解“してる
「カラスは黒点がない場合と1個の場合を混同することが多かったことから、『黒点がない』ということを『何もない』と認識しているのではなく、数値として扱っていることを示しています」

うちの猫もゼロの概念を分かっているかな
カラス凄い!
---
レイヴン、うちで育てている🍓が
貴公の仕業でゼロになってるのは分かってるよな?
←カラスが賢いと言われるのは嬉しいんだが、これ、形状で識別してる可能性は無いんだろうか…一種類の実験だけではなんとも
以上
 
PR