世界的な半導体不足によって偽造チップが広がっている - GIGAZINE

31コメント 2021-06-15 17:02|GIGAZINE

ツイッターのコメント(31)

偽物半導体まで出回っているとは❗️
ロックアウト品(不合格品)だと弾くのは難しいかも?
偽造半導体には困ったものである。見た目動くけどすぐ壊れるなんて恐ろしい。
こんな中でPC買い替えて予備機も準備できたから満足してる
コロナ前からリマークのメモリなんてザラにあったけど
偽造チップが出てきてるのね

中古製品やパチンコ台から剥ぎ取ったリサイクルチップが出回ってくるのは何日後ですか?
この問題、他人事じゃなくて うちのお客様(一般人)も掴まされている人が相当にいる。

文中にもあるけどUSBシリアル変換ケーブルで、弊社が「国内メーカーのものを買ってください」って厳しく言ってるのに、Amazonで安いの買って「動きません!」ってくるんだよね。
半導体不足で奪い合いの現在、やっと手に入れたと思ったら🇨🇳からの偽造品…業者は泣き寝入り、データ消滅や発火事故も😔
いや動作するんかい。そこまで高度なチップじゃないんだろうけど、それにしても町工場で作れるもんじゃなし、労力と利益が割に合うのかね
これに関してはすでにいろんな方向から悲鳴が聞こえてきてるからなぁ…(´・ω・`)はやく生産や物流が正常化するのを待つしかない…|
> サプライチェーンの下流に位置するようなディストリビューターから部品を少しずつ購入しているような小規模な企業には大きな影響を与える可能性があり、特にヘルスケア・自動車・防衛産業といった市場にパーツを供給するメーカーが偽造品の犠牲になると考えられている模様。
お仕事の話はほぼしない主義だけどw
割と出回ってます。
大手メーカーは古い製品ラインを復活させることでグラフィックカードの増産に励んでいます。しかし小規模なメーカーは、「偽造品を使用する」という方法を採っているとカラブリア氏は指摘しています。
正規代理店以外から購入すると、偽物を掴まされる。
ProlificのPL2303シリーズなんかもひたすら偽造チップと戦ってきた歴史があるんよね。
「小規模なグラフィックカードメーカーは、市場の需要を満たすために「偽造品を使用する」という方法を採っているとカラブリア氏は指摘しています」

あー,わかっていて使うメーカーがある,ということか.

|
そういうのを使うのは、チップを安定的に確保できない中小メーカー。というわけで、消費者としてはその商品が本当に大丈夫なのかを吟味する必要がありそうです。
ε=╭( 'ω' )╯ 問題は、これからさらに深刻化してくるのか……
PC買い替え、最悪2023年まで待てと!?
これは大変なことになる予感( ^ω^ )
需要ある所に偽物ありだな。しかしまがりなりにも一応動作するチップ作るとかただの偽造集団でも難しいんじゃ。製造機器や技術者込みで流出してるんだろうか -
そっか、供給不足でこういうリスクもあるのか。
しばらくは買い替えは控えとこう。
本物のチップの場合、特定の位置に小さな空洞を設けるケースが多くあるが、偽造チップはこういった構造を再現しないケースが多い。
数年前から偽Ryzenとかも出回ってるな(中国と合弁のTHATIC製ではない)→
チップの偽造品は見分けるのが困難。困ったね…。
Aliで趣味レベルのパーツ買いするときは偽造チップなんてあって当然と思ってたが、これからは既製品にも混じり始めると思うと怖い
せっかくなら本物を超えるのを作ってみてほしいな('ω')
以上
 
PR
PR