『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』佐藤敦紀ディレクターインタビュー、「艦隊集結」シーンBGMを新録で復活させ旧シリーズの体験を再現 - GIGAZINE

10コメント 2021-06-08 20:51 GIGAZINE

『宇宙戦艦ヤマト2199』『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』の2作品をもとにした特別総集編『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』が2021年6月11日(金)から劇場上映されます。...

ツイッターのコメント(10)

個人的感想
新たなる旅立ちの予告の為のダイジェスト
DaVinci、映画でも使われ始めてるのか。Blenderといい、こんなソフトをただで使わせてくれるのありがたいな。
今作のディレクター佐藤敦紀さんの、映画予告編業界やPC向けの映像編集ソフトの話が面白いです。
佐藤敦紀さんの良いインタビュー。編集ソフト周りのお話とか、予告編の名手の秘密の一端になるほどと。
【予告編の詐欺師】←言えてるw
これもかなり踏み込んだ良記事だと思います。

』佐藤敦紀ディレクターインタビュー
GIGAZINE
予告編の詐欺師(笑)

「宇宙戦艦ヤマト」という時代
この記事によれば、2199の発進シーンで「艦隊集結」が流れると
新録されたのはそういうことだったのか
佐藤さん『Great harmony』をどのverで流すか迷いました」
あのシーンがまたみれるのか。
GIGAZINEさんのインタビューはいつも濃くていいなぁ!
以上
 

 
PR