Appleの新しいプライバシー保護機能「プライベートリレー」は中国では使えない - GIGAZINE

16コメント 2021-06-08 12:31 GIGAZINE

Appleが開催する年次開発者向けイベント「WWDC 2021」の中で、ユーザーのウェブブラウジング行動を隠す新機能「プライベートリレー」が、iCloudを強化したサービス「iCloud+」の一環とし...

ツイッターのコメント(16)

iOS 15と共に今秋登場する予定の「iCloud+」で使えるようになる「プライベートリレー」に関する記事。

わかりやすいです(`・∀・´)
Apple版Torのプライベートリレーにはかなり期待してます(`・∀・´)
AppleのPrivate Relay機能は、IPはAppleで秘匿、アクセス先はコンテンツプロバイダ(多分Fastly, CF, Akamai)で秘匿という構図らしいのだ。

送信元が隠れるからその他のCDN事業者はサーバの割り当てに苦労しそう。

国が通信を検閲したい中国などでは使えない。
スルーしてた、、これVPN代わりで使えるんだ!

て思ったけど使えない国結構あるのね🤔中国はそうだろうけど、フィリピンもか
Appleの新iOSのIPアドレス隠蔽機能の仕組み。なお中国では使えない
ios経由のアクセスでは、サイトのアクセス履歴を見てもどこから日本とかの大まかな地域しかわからなくなてしまう。
この2段プロクシを挟むと速度はどうなのだろう。

サーバー側としてはip判らないと、逆に中国などからのスパムアクセスを弾けなくなる?

>Appleの新しいプライバシー保護機能「プライベートリレー」
> プライベートリレーではアクセス先のウェブサイトがユーザーの正確な居住地を知ることはできないものの、地域を知ることは可能となっています。そのため、特定の国や地域で閲覧できないコンテンツを閲覧するために、プライベートリレーを利用することはできません。
>Appleのプライベートリレーでは、まずユーザーのIPアドレスと「暗号化されたアクセス先のURL」がAppleに送信されるとのこと。次に、AppleがユーザーのIPアドレスを暗号化して、暗号化されたURLと共に提携したコンテンツプロバイダーが運営するリレーステーションへ送信します
「プライベートリレーはVPNの代替となる存在ですが、規制上の理由から中国を含めた複数の国では利用できない」

|
中国という国体を考えれば何故使えると思ったのか…
ウヒョー
ちょうどApple純正のVPN出ないんかと言ってた矢先にこれだもんなぁ
問題は通信速度への影響とか広告を排除してくれる機能もあるものの、他のNextDNSなどの併用ができないことだなぁという点にある
中国政府と協力してデータセンター作ったからな。中国ではプライバシー保護できないわな。
“プライベートリレーの仕組みで重要なのは、「AppleはユーザーのIPアドレスを知っているが、アクセスするサイトは知らない」「提携したコンテンツプロバイダーはアクセスするサイトを知っているが、ユーザーのIPアドレスは知らない」という点です。”

なるほど、すごい…
いいじゃん
Appleは、当然のようにセキュリティが向上するかのように言っているが、実態はAppleにアクセス先を全部さらけ出すことになるというトンデモ機能
Appleの新しいプライバシー保護機能「プライベートリレー」は中国では使えない...
以上
 

 
PR