中国の研究チームが新たなAI「悟道2.0」を発表、パラメーター数は1兆7500億でGoogleとOpenAIのモデルを上回る - GIGAZINE

14コメント 2021-06-04 16:01 GIGAZINE

中国政府による資金援助を受けている北京智源人工知能研究院が主導する研究チームが2021年6月1日、新たな事前学習モデルである「悟道2.0(WuDao 2.0)」を発表しました。悟道2.0は1兆7500...

ツイッターのコメント(14)

»
大層なお名前ですこと。
北京智源人工知能研究院のZhang Hongjiang院長「大規模な事前学習モデルは、汎用人工知能へ向かう最良の近道の1つです」
悟空道2.0かと思った。仏契りのスコアだぜ。
パラメータがお化けみたいな数値だけど、なんでも対応できるようにしたらこうなるのか…
これは、、
だせえなあ、大量の事前学習でその後の学習データを削減できるってのでなくて、必要な学習データが常時極少量で済むのが汎用人工知能なんじゃないの?結局、単一の認識に収束しているわけでなくて、同じタグのついた複数の認識に分散してるのならそもそも汎化されてないよね、
ルール無用の悪党の暴走は破壊しない限り誰も止められない。唯一国民が気づけばだが、、、。方やルールに制限され、方や人権無視でどんなこともできる。ウイグルや法輪功の弾圧を見れば倫理観などなく、人体実験もやっているでしょう。人類はこの国のせいで滅びるかも。
マツモト「未来では中国共産党を礼賛するただのbotに成り下がりましたが」
中国政府は北京智源人工知能研究院に多額の投資を行っており、2018年と2019年だけで3億4000万元(約58億5000万円)の資金が提供されたとのこと★|
中国で作ると何か違いがあるのか興味深い→
西側にとって超えるべきマイルストーンになるね
GPT3が雑魚扱いされてるのやばすぎ
記事の最後に一番重要なことが書かれてる
中国の研究チームが新たなAI「悟道2.0」を発表、パラメーター数は1兆7500億でGoogleとOpenAIのモデルを上回る...
以上
 

 
PR