IBMが世界初となる「2nmプロセスチップ」を製造、7nmと比較して45%の性能向上&電力消費は75%減 - GIGAZINE

32コメント 2021-05-07 14:03 GIGAZINE

アメリカの大手コンピューター関連企業であるIBMが、同社のナノシート技術を使用して世界で初めて2nmプロセスのチップを製造したと2021年5月6日に発表しました。2nmプロセスチップの開発は半導体分野...

ツイッターのコメント(32)

7nmプロセスを2nmまで縮小しても、性能向上はたった45%で、電力消費は75%減っただけか。回路全体が2nmじゃなくて部分的に使ってるんだろうけど。
記事とは関係ないんだけど、なんでシリコンウェハって丸いのかずっと気になってたんだよね。
回転させて不純物を遠心分離させつつ結晶を成長させるから丸いのか。

>
2ナノメートル・・・・0.000002mm
「ナノシート技術を使用して世界で初めて2nmプロセスのチップを製造した」
「ニューヨーク州オールバニにある半導体研究施設」

|
Powerまだ作ってるの??
IBMは4年前の2017年に5nmプロセスチップを作成したテクノロジーを基にして、新たに世界初の2nmプロセスチップの開発に成功。しかし製造までには多大な努力が必要。
-

あんまり詳しいこと書いてないけどトンネル効果どうなってるんだ
2nmでのチップ製造ついに成功したのか!
こういう技術ってどの辺が限界なんだろ
将来1nmのさらにその先の微細化の商品化の話になったとしたら、状況はかなり厳しくなる

なんたって0.8nmは締まりがないし、8Åは表記があれ&ナノみたいな良い略称がないし、800pmは微細感ない&午後8時みたいだし
 

 
PR