TOP > ネタ・話題 > 画像1枚から遭難したハイカーの居場所を特定した人物がその特定法を解説 - GIGAZINE

画像1枚から遭難したハイカーの居場所を特定した人物がその特定法を解説 - GIGAZINE

30コメント 2021-04-21 21:06  GIGAZINE

2021年4月13日、アマチュア無線家であり「画像の特定」が趣味であるベンジャミン・クオ氏が、遭難したハイカーが撮影した1枚の画像からおおよその居場所を特定し、連絡を受けた捜索隊が無事救助するという出...

ツイッターのコメント(30)

「なお、クオ氏は「特定にかかった時間は21分でした」と語っています。」

特定職人さん,すごいな... .

|
(続き)
画像1枚から遭難したハイカーの居場所を特定した人物がその特定法を解説( 2021/4/21)

Google Earthではなく、衛星画像を数日ごとに更新し公開しているサイト「Sentinel Hub」を見て、さらに
3D視覚化ツールを使ったそうです。特定にかかった時間は21分!
かっこいい!
名探偵かよ凄いな
Netflixの『猫いじめに断固NO!』を観た時も思ったけど、こうしたものすごい精度の「推理」を、完全にモニタの前に座った状態でやっちゃうってのが、なんと言うか、本当に「今」だよなあ。

安楽椅子探偵どころの騒ぎじゃないでしょう。
フィクション作るの、大変な時代です。
時間のある人には勝てませんね。
これ21分で特定したのすごすぎ。
素晴らしい。:
exif解析じゃなくてもっとホームズ的な手法だった。凄え。
遭難者を画像一枚から特定した人の場所の算出方法が書かれた記事。季節や災害なので地形の様子が大きく変わるためまず毎日衛星から撮影された地形がアップされるサイトから絞り込み。3D化して把握出来るツールで確認。かかった時間は21分。CSIみたいな早技ね(^ω^)
21分!?  すっごぃ…
かっこみが過ぎてしびれる
21分は凄いな。
「特定にかかった時間は21分でした」
有能すぎる。
これと似たような5chスレ好き
>なお、クオ氏は「特定にかかった時間は21分でした」と語っています。

これもうクリミナル・マインドのガルシアでしょ。
写真から座標特定した人のノウハウのお話、オチの所要時間でびびびっくりするので読んでほしいです。
特定ガチ勢のツール活用術は必見です
特定時間【21分】
いやいやいやいや
ヤバすぎる‼️
というかこういう分野の人の育成って結構大事なんじゃないかと思う
衛星から撮影された画像や3D視覚ツールを使って居場所を割り出したというんだけど、ヒントは一枚の画像のみで、似たような景色ばかりなはずなのにどうやって特定できたんだろう?
ちなみにこの方、趣味が「画像の特定」。趣味が高じて人助けにつながるっていいねえ。
特定手順と割り出し方優れすぎててすごいわ
瞳に反射した景色から住居特定したり特定班てやっぱりすごいわ
特定班の正しい運用
📍

📝2021年4月13日、アマチュア無線家であり「画像の特定」が趣味であるベンジャミン・クオ氏が、遭難したハイカーが撮影した1枚の画像からおおよその居場所を特定し、…

【出所:GIGAZINE 厳選】
すげーけど一歩間違えたらデジタルストーカーや
画像1枚から遭難したハイカーの居場所を特定した人物がその特定法を解説...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR