TOP > ネタ・話題 > 結婚式当日に「花嫁が花婿の母親と生き別れた実の娘だった」ことが判明し母娘が20年ぶりに再会、花嫁と花婿の結婚の行方は? - GIGAZINE

結婚式当日に「花嫁が花婿の母親と生き別れた実の娘だった」ことが判明し母娘が20年ぶりに再会、花嫁と花婿の結婚の行方は? - GIGAZINE

29コメント 2021-04-07 19:10  GIGAZINE

2021年3月31日に中国の江蘇省(こうそしょう)で執り行われた結婚式で、新郎と結婚する新婦が「実は新郎の母親と20年以上前に生き別れた実の娘だった」ことが判明するというドラマのような出来事が起きたと...

ツイッターのコメント(29)

実は花婿も実の息子ではないから結婚できるという感動話で終わるかとおもいきや、締めが何かを仄めかしていてなんとも言えない気分に→
タイトルだけでは意味わからんが、結末はハッピーエンド。
20年以上前に行方不明になっていた娘のあざとそっくりだということに気付いた新郎の母親は、新婦の両親に「娘さんは養子ではありませんか?」と尋ねた…「花嫁が花婿の母親と生き別れた実の娘だった」、花嫁と花婿の結婚の行方は? -
それじゃ結婚できないのでは…と思ったら二度ビックリ
そんなことある!?
児童の誘拐や人身売買がまだある中国だけども、こんな偶然あるのか
こんな事ってあるんだ…
理解するのに、かなり時間を要したぜ‥(゚∀゚)
自分がこういう事態に遭遇したら、アイデンティティがったがたで、結婚式を行える精神状態ではなくなりそう…
血が引かれあったのでしょうか
厳密には違うんだけどママレードボーイかよって思った
「息子は、娘を長年探した後に養子として迎えた子どもです」と明かしたことで、2人の間には血のつながりがないことが判明
オチがすごい
一瞬、小説の粗筋かと思ってしまった^^;
ε=╭( 'ω' )╯ 新郎が養子だったのか、どらまちっく
すごいね
GIGAZINE: 結婚式当日に「花嫁が花婿の母親と生き別れた実の娘だった」ことが判明し母娘が20年ぶりに再会、花嫁と花婿の結婚の行方は?.


オチがややこしいわ!
ややこしい〜
というか、パタリロにそんな話あったなー…
記事中『新婦の手にあざを見つけた』 赤い糸の伝説のような展開
ドラマよりもドラマチック。
奇跡的なことがいくつも重なってる。
すごい事があるものだと思うけど新郎は自身と母親の間に血縁関係がないことを知っていたのか記事に書かれておらず気になるところ
📍

📝2021年3月31日に中国の江蘇省(こうそしょう)で執り行われた結婚式で、新郎と結婚する新婦が「実は新郎の母親と2…

【出所:GIGAZINE 厳選】
>『新婦は実の母親に会えたことを「結婚そのものよりうれしい」と話したそうです』
旦那が立場無さすぎないwww
結婚式当日に花嫁が花婿の母親と生き別れた実の娘だったことが判明し母娘が20年ぶりに再会
これは映画化決定もの
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR