TOP > ネタ・話題 > 死後に活動を開始する「ゾンビ遺伝子」が人間の脳内で発見される - GIGAZINE

死後に活動を開始する「ゾンビ遺伝子」が人間の脳内で発見される - GIGAZINE

50コメント 2021-03-25 20:25  GIGAZINE

2021年3月23日、イリノイ大学のジェフリー・ローブ氏らが、人間が死んだ後に活性化し、細胞の成長を促進する遺伝子が脳内にも存在することを明らかにしました。

ツイッターのコメント(50)

死後は安らかに眠りたいね😢
死後に発動するタイプのスタンド的な
「『死後に発現する遺伝子』(ゾンビ遺伝子)や『死後に活性化する脳細胞』(ゾンビ細胞)が脳に存在することを発見 」🧐何だかすごい。現在の三徴候説の「死」後も、脳は生きている🤯
未来はゾンビになれる❗
あるもんなんですねー🤔
結局なんのためのものなのかがわからん…書いてあることがいろいろ難しい。
またこんな記事を(笑)
ゾンビ呼ばわりするものなのかねぇ🙄?
遂に、リアルウォーキングデッドの世界の片鱗が?!と思った(笑)。今流行りの論調である "老化は病気で治る" と思って研究を進めていたら、ゾンビ化しちゃったみたいにならないかなあ(笑)。
"これまで死後の人間の脳を研究してきた専門家の多くは「死後に発現する遺伝子」や「死後に活性化する脳細胞」が脳に存在するとは考えていないため、人の脳におけるゾンビ遺伝子やゾンビ細胞の働きを解明した今回の発見は特筆に値する"
死後も活動するゾンビ細胞って何だ?
人の生命活動に何の意味を持っているのか。
こんな話を聞くに付け人間は神様が作った作品としか思えない。
解明されていない事象はまだまだ有りそうだ💦
◯大変じゃ!ゾンビは架空の存在ではなくなる日が近づいた....かゆ....うま....。
タイトルだけ見たらビックリするよね。
恐ろしいな戦争で使えば戦死しても復活して襲ってくるのか
こういうのワクワクしてしまうじゃないか。
"生贄、裏切り。誰がこの供物を持ってきた?人の世は無知と脆さの中を歩く。過去に囚われた心は現在の迷宮を歩めぬ。我らのもの。刈れ、刈れ、刈れ、刈れ。"──SCP-3989
ゾンビはいます!!
こ これはアンブレラ社が…😎
役割は?
みなさんお元気ですか
陽線です


そもそも古代から何故、死後墓(土に埋める)事を行っているのかご存知ですか。うふふ
解説を見ると、死んだあと、というよりは脳細胞の損傷がトリガーとなり活性化して致命傷を防ぐダメコン細胞ぽい
ただ、普通の人はどこぞの狼と違って死んだらそれで終わりなだけで
バイオハザード。
カリフラワー止めろ。
人間が死んだ後に活性化し、細胞の成長を促進する遺伝子が脳内にも存在することを明らかになったとのこと

心臓の鼓動が停止すると脳内のすべての活動が停止する…と思ってましたが意外ですね🤔
人間が死んだ後に活性化し、細胞の成長を促進する遺伝子が脳内にも存在することを明らかにしました。
ゾンビ遺伝子ってなに?

って思ったら、グリア細胞は人の死後も活性化することがマウスやジェリーフィッシュでわかったらしい。

1000億あるといわれるニューロンの10倍あるグリア細胞。解明すると、人工知能にもアイデア使えるかも。

死後に活動を開始する「ゾンビ遺伝子」
リアルバイオハザード!
またフィクションが現実に。
亡くなった母の額に触れた時、「冥府の網目模様」が見えたんだけど、下手するとこれだった可能性がある…
ゾンビ遺伝子🧟‍♂️
これを活性化させればついに、、?
死後に強まる念
興味深い。蘇生した人が見たという死後の世界的なビジョンはコレが原因かも?🤔
ε=╭( 'ω' )╯人体の不思議
■案外鮮度維持なのかも。生物的に死んだら食われる。すぐ腐敗したら肥料にしかならない。食って食われて食物連鎖な訳で食う側に良い肉提供するのも食われる側の掟じゃないのかね?話逸れるが自分生きてる事に違和感あるんだが。
死後に活動を開始する「ゾンビ遺伝子」が人間の脳内で発見か
>死後にグリア細胞を発現させた遺伝子群は「ゾンビ細胞」といった名前で知られ、これまで人間の体内で存在が確認されてきましたが、今回の実験で脳内にも存在することが示唆されました。

GIGAZINE: 死後に活動を開始する「ゾンビ遺伝子」が人間の脳内で発見される.
全ての細胞が活動停止するわけじゃないってことか。今までなら見逃されていたことだな。
ウイルス感染からのいよいよゾンビ化。
これはなかなか妄想を刺激しますね。
例の死後23gの誤差とか、これの影響だったりしないのかな。
死後の世界で意識がある証拠か!
死後に活動を開始する「ゾンビ遺伝子」が人間の脳内で発見される...
これゾンビの実現性というよりかは、コニー・ウィリス「航路」エンディングの謎解きだと思う。>「
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR