TOP > ネタ・話題 > アメリカで行われたベーシックインカムの実験はどのような結果をもたらしたのか - GIGAZINE

アメリカで行われたベーシックインカムの実験はどのような結果をもたらしたのか - GIGAZINE

74コメント 2021-03-05 07:10  GIGAZINE

2019年2月からカリフォルニア州ストックトンで開始されていた「使用用途を制限せずに毎月500ドル(約5万4000円)を生活に困窮する人々に与えたら何が起こるのか?」という実験が、2021年1月に終了...

ツイッターのコメント(74)

ベーシックインカム切望。
うつ病の人の何割かは薬よりもお金を渡した方が治るんじゃないかとずっと思っていました。
毎月500ドルでいいみたい。

-以下引用-
面白い
安定した収入は視野を狭くするのを防いでくれる。BIはよ導入されないかな。
ですよね!デスヨネ?!
BIによって幸福度が上がり、生活に安定感が出た事で自己実現へ向かうようになった。
ベーシックインカム始めても仕事辞める人は少ないって結果が出てる。とか言い出す人居そう。
知りたいのは、月の収入が支給額より下回る人が仕事を続けるか、とか、充分な給与がある人がどれくらい月の消費額を増加させたか、みたいなデータなんだが。
ベーシックインカムは人を怠けさせたり、向上心を奪うという懸念もありましたが、実験結果はポジティブだったようです

- 固定費に充当
- クレカ滞納を解消
- 過度な緊縮を回避できて気持ちに余裕が出た

お金を受け取る人の属性や状況、金額などにもよると思いますが..
※BaseIncomeの実験結果

この記事面白い🤔
特にここ
「お金を受けとることで働かなくなる」という考えが誤りで、代わりに
・個人の目標設定
・リスクテイク
に影響を与えた可能性が高く、クリエイティブな活動をする傾向

確かにFIした人はクリエイティブかも

---
失業すると「貧すれば鈍するループ」に陥りがち。

不安は個人にも社会にも損失の元なので、BIでこのループを断つのは有効なのかもしれない。
実験結果 思ってた以上によい結果。某氏もこれにあやかり日本での推奨を行うのかな?
人間の労働力を投入する必要性がない仕事が現時点でも多数あるが、今後はさらに増加するだろう。

韓国の合計特殊出生率は0.84になった。経済優先の国が行き着く結果である。

biのような制度がなければ、人類が創った経済システムによって人類が消滅する日が来るだろう。
日本には生活保護があるけど、受け取るまでのハードルが高すぎて、受け取るべき人が受け取れないという問題がある。システムの改善が必要だと思うぞ。
何にびっくりって「ストックトン在住かつ平均年収の中央値である4万6000ドル(約494万円)を下回る住民」
日本じゃもっと下だろう
これが普通になるかも
ベーシックインカムについては、色々と議論がありますが、興味深い研究ですね😊
日本での導入には、色々な抵抗があると思いますが、議論する事は大事だと思います。
ベーシックインカムがあると、安心して自分の夢に挑戦出来る気はしますけどね。
どうなのかな〜🤔
-


母体数のデータが少ないとはいえ 
幸福感も増えて、いい結果だよね。 

やっぱり、収入が確定しているのは大きいでしょ。 
てか、日本のベーシックインカムの議論は 
どこへ消えたの?
( ̄ー ̄)大切かと思います!
ベーシックインカムについては、いろいろなところで社会実験が行われている。日本はどうなの?… →
この実験を主導したストックトンの元市長であるマイケル・タブス氏は「お金は向精神薬よりも、うつ病を治すずっといい手段です」と語ります。
これを、麻生さんに100回は読ませたい
お金を受け取ったグループの就業率は、お金を受け取っていないグループに対して7%高かった
アメリカ BI社会実験

お金を受け取ったグループは幸福度が高く、健康で、不安が減少した。

この実験を主導したストックトンの元市長マイケル・タブス氏は「お金は、向精神薬よりも、うつ病を治すずっといい手段です」と語った。
お金をもらったら数秒後には海外業者に献金します
"「人々はお金を受けとることで働かなくなる」という考えが誤りだったということ。お金を受け取ったグループの就業率は、お金を受け取っていないグループに対して7%高かったことが分かって"
「人々はお金を受けとることで働かなくなる」という考えが誤りだったということ。お金を受け取ったグループの就業率は、お金を受け取っていないグループに対して7%高かったことが分かった。

-
"お金を受け取ったグループの就業率は、お金を受け取っていないグループに対して7%高かったことが分かっています。"
--

5万4000円)を生活に困窮する人々に与えたら何が起こるのか?」という実験が、2021年1月に終了
»
この国では永遠に行われない制度の一つ。ほんと潰れてしまえ。この国。
テネシー大学のステイシア・マーティン・ウェスト助教授とペンシルバニア大学のエイミー・カストロ・ベイカー助教授は何人かの住人をこの実験の対象となった住人と対象になっていない住人のグループに分け、データを収集し分析を行いました。
そらいつも家計が赤字で火の車の人は貯金なんかせんと借金とかに当てるでしょ
この実験で「「人々はお金を受けとることで働かなくなる」という考えが誤りだった」という結論になるのはおかしい。
これは「実験」であって終わる事が分かっているから。単純な期限付き給付金。終わればもらえないなら働いた方が良いでしょ。
この実験は、ストックトン在住かつ平均年収の中央値である4万6000ドル(訳494万円)を下回る住民から、ランダムに選ばれた125人を対象として行われた。
カリフォルニアで行われていたBI実験の調査結果が出た。
わかる。>『「お金は向精神薬よりも、うつ病を治すずっといい手段です」』
しかも持続的っていうのも条件に入る。小金だと意味ない。治療費で消える。
//
これいいね、全生活費でなく一部負担で良いからこうしてもらえれば心も穏やかになります
「お金を受け取ったグループの就業率は、お金を受け取っていないグループに対して7%高かった」
こういうのは世代を超えるまでやらな駄目なんだってゔぁ。
ベーシックインカムを長期間続けた結果が経済にどう影響あったのかと、生まれたときから当たり前の世代がどう判断するか。
↑確かに俺もそう思う!
物価の高いカリフォルニアで、500ドルの後押しでさえ、貧困層の救済と幸福に貢献した。

GoToの予算が余っているなら、みんなに配りましょうよ。
マイケル・タブス氏は「お金は向精神薬よりも、うつ病を治すずっといい手段です」
↑これ真理
低所得者を対象に月500ドルを支給。お金を受け取ったグループは、そうでないグループに比べて収入の変動性が減少し、就業率は上昇、幸福度は高まり不安が減少したことが分かったそう。
"「人々はお金を受けとることで働かなくなる」という考えが誤りだったということ。お金を受け取ったグループの就業率は、お金を受け取っていないグループに対して7%高かったことが分かっています。"

アメリカで行われたベーシックインカムの実験はどのような結果を…
この実験内容と金額だと、ただの生活保護実験な気が・・・。│
Buy Bitcoinじゃ無いのか😗
ベーシックインカムをやると働かなくなる、というのは米での実験でも否定された。なお、日本で竹中平蔵が使うベーシックインカムと言う単語は、全く違う搾取システムである。
さまざまな都市で低所得者への現金給付制度が計画されているとのことです。
やめちゃったあともどうなったか知りたい
"マイケル・タブス氏は「お金は向精神薬よりも、うつ病を治すずっといい手段です」と語ります。"

確かにそうかもなぁ。
【月500ドル】


→お金を受け取ったグループの就業率は、お金を受け取っていないグループに対して7%高かった
実際やってみないと分かんないコトってあるわなー
まあ今の月のお給料にプラス5万円されたとして何か変わるかと考えてみますが、お酒のおつまみが少しグレードアップするくらいで何も変わらないでしょうね。
調査では、表面のこと、一部のこと、しかワカラナイが、
世の中 怠け者 だけじゃなかったようです。

これは、一応議論できる国での結果。
潰しあい専業国家ではどうなるの?
これBIを受けてる人の周りがBIを受けていない人達で満たされている状態での話でしょ・・・実験として意味をなしていない
2019年2月からカリフォルニア州 ストックトンで開始されていた「使用用途を制限せずに毎月500ドル(約5万4000円)を生活に困窮する人々に与えたら何が起こるのか?」という実験が、2021年1月に終了しました。
この実験がもたらした成果について解説しています。
この額だと班長大槻のミニビール効果が出てくるかもだけど、困った人にだけこの額というには実験としてはちとイメージとちがいますかねぇ。
お金は精神安定剤よりも鬱病に効果的な場合がある_φ(・_・
"
最後は、お金を受け取ったグループの幸福度が高く、健康で、不安が減少したということです。
"
"「人々はお金を受けとることで働かなくなる」という考えが誤りだったということ"

これ、渡す金額が少なかったから働き続けないといけないだけの気がするw
> この実験を主導したストックトンの元市長であるマイケル・タブス氏は「お金は向精神薬よりも、うつ病を治すずっといい手段です」と語ります。

ヒュー!日本の議員が言えない事をさらっと!
「大半は食料品や公共料金などの生活に必要な費用の支払いに充てられ、1%未満がタバコやアルコールなどの嗜好(しこう)品に充てられた」
この実験を主導したストックトンの元市長であるマイケル・タブス氏は「お金は向精神薬よりも、うつ病を治すずっといい手段です」と語ります。⇒
》お金は向精神薬よりも、うつ病を治すずっといい手段です
やっぱ「最低限の生活の保証」に勝る特効薬はないんやなって
📍

📝2019年2月からカリフォルニア州ストックトンで開始されていた「使用用途を制限せずに毎月500ドル(約5万4000円)を生活に困窮する人々に与えたら何が起こるの…

【出所:GIGAZINE 厳選】
お金を受け取ったほうが就業率が高くなったことから、BIを導入すると働かなくなるとの推測を否定。
を受けた人の収入は安定し、就業率は高くなり(つまりベーシックインカムを受けても怠けない)、幸福度も高くなり、健康で不安がなくなったとのこと。⇒ アメリカで行われたベーシックインカムの実験はどのような結果をもたらしたのか|Gigazine
最後は、お金を受け取ったグループの幸福度が高く、健康で、不安が減少したということです。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR