TOP > ネタ・話題 > Microsoftがリアルタイム翻訳&文字起こしが可能な会議用スマートスピーカーを発表 - GIGAZINE

Microsoftがリアルタイム翻訳&文字起こしが可能な会議用スマートスピーカーを発表 - GIGAZINE

28コメント 2021-03-03 10:50  GIGAZINE

現地時間2021年3月2日、Microsoftが技術者向け年次カンファレンス「Microsoft Ignite」の中で、リアルタイム翻訳&文字起こしが可能な会議用スマートスピーカー「Intellige...

ツイッターのコメント(28)

マイクロソフトがTeamas向けの「リアルタイム翻訳&文字起こしが可能な会議用スマートスピーカー」を発表しました。販売はまだ先のようですが、多言語の会議のハードルがぐっと下がりそうで楽しみですね。
発売はよ! >>
言語そのものは問題ではないのです。それは単なるアイデンティティを表す記号のようなもの。ようやくテクノロジーの進化は言語の壁を溶かします。真に必要なものは「言語能力」ではなくて、自分だけの「表現や言葉」です。
日本語に対応するのは先だろうけど、短期のリースとかで需要高そう。
未来が近づいてきてる。
もっと早くw
共通テスト 英語リスニングの4人の会話に対応した商品かな?🤣

"最大10人までの参加者の音声を識別して(発言内容を文字起こし)"といった記録の特殊能力はAIに任せておきたい。

話者3人以上のリスニングは、英語力以外の能力を測って無駄に受験者に負荷をかけます。
簡裁に導入してくれ。いますぐ
これはほんやくコンニャクの前身になれるかも😇
会議の音声を録音したり、リアルタイムに文字起こしをするなんて全くのナンセンス
> リアルタイム翻訳&文字起こしが可能な会議用スマートスピーカー「Intelligent Speaker」を発表しました。

そこは、"IntelliSpeaker" だろおおお
Microsoftがリアルタイム翻訳&文字起こしが可能な会議用スマートスピーカーintelligent speakerを発表 2021年3月2日
この技術、リアルタイムではなくPodcastとかで使えば海外の情報を簡単に入手できるし、自分の発信をまたたく間に世界に配信できるようになるな。文化の壁あるかもだけど、TEDの日本語版を探さなくてもよくなるとか。非同期処理データを使えば、リアルタイムにも還元できる。
これまで言葉の壁がネックになっていて海外勢と打ち合わせ出来なかった人とか、役に立ちそう。
あと、リアルタイム文字起こしは耳が聞こえない人にとってすごく助かるだろうなあ
時代はこうなる。
「Intelligent Speaker」
「2021年下半期に数量限定で発売する予定」

|
これもなかなかすごい技術 →
すごい。Googleでも出そう
これは自腹でも購入したい案件だけど、問題は曖昧なニュアンスが表現できるかどうか・・・
英語いらんやんけ。
「2021年下半期に数量限定で発売する予定」
まだ試験的なのかも。
ついに出てきたか
今すぐ欲しい!
スタンドアロンで動くなら欲しいんダケドナ(・×・)
ネットに繋がっとるんであればイラン(´・ω・`)
📍

📝現地時間2021年3月2日、Microsoftが技術者向け年次カンファレンス「Microsoft Ignite」の中で、リアルタイム翻訳&文字起こしが可能な会議用スマートスピ…

【出所:GIGAZINE 厳選】
DJIのFPVより、こっちの方が気になるな
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR