TOP > ネタ・話題 > 「電話恐怖症」になってしまう理由と治し方を心理学者が解説 - GIGAZINE

「電話恐怖症」になってしまう理由と治し方を心理学者が解説 - GIGAZINE

29コメント 2021-02-25 20:13  GIGAZINE

新型コロナウイルスのパンデミックに伴って、対面で話すよりも電話や通話アプリを介したやり取りが増えていますが、電話に対して極度のストレスを示す「電話恐怖症」の人もいます。イギリスのロイヤル・ホロウェイで...

ツイッターのコメント(29)

>>電話恐怖症を克服する最も効果的な方法は「より多くの電話に出ること」

うーんこの
僕も電話恐怖症なので、その仕事が難しい。
電話対応を「完璧にやらなきゃ」と思う必要はないよ。多少言い方が丁寧でなくてもいいし、わからなければ変わってもらうなり、聞き返すなりしていい。

あと心理的負担を少し軽くするコツは「自分は電話相手よりも上」とコッソリ考えて対応すると、心が落ち着いて楽になる。
僕も社会人一年目のとき、電話恐怖症になってたな。

僕が求められていたことは『正確に取り次ぐこと』だけだけど、テンパってあたふたしてました😂

✅相手がどこの誰か
✅要件・連絡先を聞く
✅復唱する

↑これで十分だし、次第に電話も怖くなくなっていくよ🙆‍♀️
#21年卒
電話恐怖症を克服するには
よく多くの電話に出ろ、って・・・

高所恐怖症の人に「まず高い所へ積極的に行け」
と言ってるようなもんじゃん。無理ゲー過ぎる・・・
やはり恐怖症克服は回数を重ねることか
確かに経験値をあげるのが大変だけど早いと思う。
新人が電話に出ると周りの先輩や上司はきちんと話を聞いてるから相手の名前や大事なことは『復唱』するとアドバイスくれたり電話を代わってくれる。
これは間違い。
より多くの電話に出れば出るほど電話嫌いになるよ。
コールセンターで働いてて一般人より多くの電話に出たおれがいうんだから間違いない。
人間には純化って作用があるので、要は繰り返し電話をすることになれれば、電話恐怖症はなくなるってこと。
ま、それはそれでビジネスにおいては訓練や練習をする必要はあるけどね。
これはまじ。
たくさん出る様になって失敗とかしてるとそのうちどうでも良くなる。
電話が苦手でも毎日出てれば余裕になるからこれ
仕事で電話取りまくってきたけど何も改善されなかったぞ
ワイやんけ。文字や対面は全然問題ないんだけど、電話が出るのもかけるのも苦手。厨房の頃にワン切り詐欺で893みたいな喋り方の兄ちゃんに怒鳴られまくったのがトラウマで今でも克服出来てないんだよ…
>電話恐怖症を克服する最も効果的な方法は「より多くの電話に出ること」

結局これしかないのね・・・
子供の頃のプチトラウマで電話自体は苦手じゃないのに、コール音に恐怖を感じる事を少し気にしてたんだけど
実はマジョリティ寄りだったくさい
取るだけ無駄な電話多いじゃんw

自宅に電話かかった場合、向こうから名乗らないと即切るぞw
新社会人のときは電話が怖かったですね。どう対応したらいいのかが分からなくて常に緊張してました。

いまは数年一人で仕事を切盛りしてた経験もあり、電話についてはもう慣れてますが。😌
電話に不安を感じる人は倍くらい増えている。対面だと周囲の情報で気が紛れるけど電話はそれがない。メールは以前のやりとりを確認できるが、電話は出来ずリアルタイムのやりとりを要求されるなどが原因だそう。
それな。誰かから逃げてると電話が怖くなる。支払いとか何かから逃げてる時とか。すぐに決断しなくてはいけないと思うとパニックになる。自分のリズムを作れば良い。後で折り返しますとか言って自分の間合いにもっていく。
元々は吃音持ちで人前で話したり電話が苦手で、新卒ではじめにやらされたテレアポが1番キツかった。『ももももしもし?』ってなると、次も吃ったらどうしようとか考えるほど吃る負のスパイラルだった。/
電話恐怖症を克服する最も効果的な方法は「より多くの電話に出ること」
この間、職場の電話機を壊してしまって(受けはできるが、かけることができない)、弁償になると定価(数万円)になるので電話が怖いです。今の所まだ請求は来てないが(なおしてももらってないが)。
電話に応答するのは嫌だけど、
つわぼは好き。全然経験ないけどwwwww
電話嫌い、パニックになるから。
電話怖いよねー記録残らんから聞き逃したり自分で言った内容が後で参照できなかったり。
電話のない世界に住みたい。

"電話恐怖症の人はなるべく電話を避けるようになりますが、電話恐怖症を克服する最も効果的な方法は「より多くの電話に出ること」だとSebah氏は主張。"
同じ悩みを持ってる人が結構いるみたいで安心した。
電話が鳴るのストレスなんだけど、同じような人かなり多いのか
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR