TOP > ネタ・話題 > 中国が世界各国の経済やインフラに侵入しセキュリティ上の脅威が迫っていると警告 - GIGAZINE

中国が世界各国の経済やインフラに侵入しセキュリティ上の脅威が迫っていると警告 - GIGAZINE

27コメント 2021-02-24 23:07  GIGAZINE

アメリカは2018年頃から中国製の電子機器やソフトウェア、果ては中国企業そのものまでを、安全上の懸念があるとして国内から排除する対中強攻策を執り行ってきました。しかし中国が国の経済やインフラストラクチ...

ツイッターのコメント(27)

スマホやルータなどネットワークに接続できる中華製機器は買わん方がいいってことだな
「世界が全部中国のようになれば世界はもっと良くなる」と言っている人がいるようだ。この状況と中国共産党によるチベット・ウィグル弾圧の意味するものを理解しているのだろうか>
どうも他同盟国が日本や台湾のそこにある危機に対応できるとは思えない。いずれ分かる時が来るだろう。
Antonio Guterres 国連事務総長が「白人至上主義」と警告中共の Global Times が Five Eyes intelligence network を「白人至上主義の軸」だと非難

色々な組織が繋がってるんだよ
これはこわいな、wwwウォーって感じか
中華製品を買うなとは言ったが本当だな
根拠もない中華製品弾圧やめろとか言ってたオタクは息してるか?
IISSは、中国の投資がもたらす可能性があるリスクについて判断するための措置を各国が講じていないことが最大の問題であると指摘。
超限戦の真っ只中である…

" 国際戦略研究所(IISS)が2021年2月に発表した報告によると
(略
「各国はアメリカの『中国製品は危険である』との警告を無視し、中国と様々な締結を結んでいる」"
知ってたけどな。

C国が世界各国の経済やインフラに侵入しセキュリティ上の脅威が迫っていると警告  イギリス・国際戦略研究所(IISS)
米国のような対策を取っていない国に脅威が迫っている可能性があると ・ロンドンに設立された民間の国際戦略研究機関である 国際戦略研究所(IISS)が報告している。

👉 (Gigazine)
中国製は一切排除ですな
>多くの国が「中国製品のボイコットを押し付けるようなアメリカの政治的風潮は政権が変わればなくなる」と考えて中国と同盟を結んだ
中国が世界各国の経済やインフラに侵入しセキュリティ上の脅威が迫っている
各国の政府は「中国のトップレベルの技術」についてのみ見ていて、中国依存や国内への新規投資について触れていないのはリスクがある…、なんか既視感があるな。😟
ʕ•́ω•̀ʔ判断が遅い!
昔から言われていた事だけど現在これらの話がかなり深刻な問題にまで発展して来てる。
■い、今更っ⁉︎
中国が世界各国の経済やインフラに侵入しセキュリティ上の脅威が迫っている(GIGAZINE)
国際戦略研究所(IISS)「中国が大量のデータにアクセスできるようになることで市民への監視が強化され、ビッグデータを活用して諜報活動に利用する恐れがある」

本当に礼儀もへったくれもない国だよ。。。
この国はどこまで大きくなって行くのだろうか。
トランプが対中の一環で暴露しただけで別に最近始まったって事でもないケドナ(・×・)
もうかなり進んじゃってんだよね💦
個々の製品に関しては存在してそうなんだけど中国が国家としてやってるって確証も無いからなぁ。
あと大半の利用者はセキュリティ面についてはガバガバだし。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR