TOP > ネタ・話題 > 若い頃の自分を浮気相手と間違えた女性が夫をうっかりナイフで刺殺しかける - GIGAZINE

若い頃の自分を浮気相手と間違えた女性が夫をうっかりナイフで刺殺しかける - GIGAZINE

46コメント 2021-01-26 23:18  GIGAZINE

若くてスリムな女性との浮気写真を発見した女性が夫を刺し殺そうとする事件が発生しました。問題の浮気相手は実際には「若かった頃の女性自身」でしたが、取り押さえられるまで女性が気づくことはありませんでした。

ツイッターのコメント(46)

世界一馬鹿な女の記事
こういうの怖いから女性には綺麗な姿を維持してほしい

"若くてスリムな女性との浮気写真を発見した女性が夫を刺し殺そうとする事件が発生しました。問題の浮気相手は実際には「若かった頃の女性自身」でした"
ちょっとww
まずはぶん殴って問い詰めようwww

沖縄の昔話でも似たようなのあったなぁ・・・刺してないけどw
私がこの旦那側だったら、許せないだろうな。 刃傷沙汰は許す許せないの一線を明らかに超えてる。      @
ちょっとワロタ
✔︎メキシコで夫のスマホ内に「浮気写真」を発見した女性が、夫を滅多刺しに

✔︎写真の女性は実は「若かった頃の女性自身」だった為、浮気ではなかった

✔︎夫は命に別条はなし、女性は隣人の通報によって警察に逮捕

色々と愛が深い
ほっこりニュース/
自分を見失ったんやな
写真にうつる若い頃の自分を「浮気相手」と勘違いした女性が夫を刺すかー。


こんなに「愛と狂気」で出来たお茶目な事件そうない。
こういうの好き。
いやいや

>夫のスマートフォンから「若い女性と性行為をしている写真」を発見
>(中略)
>写真の女性が「若い頃のレオノーラさん自身」だったことが判明しました。
---------
そんなことあるんか。
うっかりにも程があるわ
自分を浮気相手と間違えるとは、、、
激高しすぎw
「誰よ!この女!」
グサッ
「あ、若い頃の私じゃん、、、」
既にノイローゼになっているのか、ご主人が浮気などをしている常習犯か面倒な人だった気がする。ストレスも溜まっていたのかとは思う。

ただし、刺しちゃいけない。
これは恐ろしい
もし弁護活動をするとしたらどのような活動をするかを考えてしまいます。
当時は痩せていたことや写真では化粧していたことが原因。事件の直前に、フアンさんが問題の写真を古いメールから保存して直していたことも誤解を招いた一因とのこと。
これはうっかりさん
旦那が気の毒過ぎるな。
タイムパラドックス
若かった頃の自分もわからんとかもう病気やろwって思ったけど悪即斬みたいな感じで刺し殺そうとする時点で病気だわな
タイムリープ案件かと思った
> 写真の女性が自分自身だと気づかなかった理由は、当時は痩せていたことや写真では化粧していたことが原因

絶対真相を誤魔化してるだろw
はめどりなんかするから……
「利己的な遺伝子」の観点からは、妻や夫は遺伝子を最も共有していないので最も敵に転じやすい。実際に家庭内では配偶者に殺される可能性が一番高いというデータも。
(;´∀`) 「夫のスマートフォンから「若い女性と性行為をしている写真」を発見し、激高」
映画のレビューかと思ったら実際の事件かよwww
いやいや自分自身の若い頃の写真って気づくもんじゃないのか?
-----------------
スマートフォンから出てきた浮気相手と思っていた女性…実は「当時痩せて、化粧していた自分だった」という事件。

時の流れというものは残酷ですね。😟
こんなことってあるんだな……
これはうっかり。
コントかよ
若くて化粧してても自分の写真でしょ?
分からないかな?
旦那も写真では若かった訳で、今とは違うはずだし?
タイムリープ!……じゃなかった>若い頃の自分を浮気相手と間違えた女性が夫をうっかりナイフで刺殺しかける:若くてスリムな女性との浮気写真を発見した女性が夫を刺し殺そうとする事件が発生しました。
疑心暗鬼の行く末。
若い頃の自分を浮気相手と間違え夫をナイフで刺殺しかける -
メキシコ・カヘメ市に住むレオノーラさんは、夫のスマートフォンから「若い女性と性行為をしている写真」を発見し、激高。言い訳をしようとする夫のフアンさんに罵声を浴びせながら何度も刺しました
📍

📝若くてスリムな女性との浮気写真を発見した女性が夫を刺し殺そうとする事件が発生しました。問題の浮気相手は実際には「若かった頃の女性自身」でしたが、取り押…

【出所:GIGAZINE 厳選】
こんな事あるんでねー
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR