TOP > ネタ・話題 > 5000年前の「クリスタルの短剣」がスペインで見つかる - GIGAZINE

5000年前の「クリスタルの短剣」がスペインで見つかる - GIGAZINE

159コメント 2021-01-19 11:15  GIGAZINE

by Miguel Angel Blanco de la Rubia

ツイッターのコメント(159)

きっとこれドラゴンとか倒せるよ。5000年前だもん、神秘的なマナとか宿ってるって絶対。
う〜んこれスゴい・・・。
水晶は黒曜石とかと違って、硬いので加工がすごく難しいはず。
どのくらいの原石から、どんな道具で作ったんだろう? 鹿角と石だけ?
フルアヘッド!ココの、バーツの剣じゃん…!
めちゃくちゃ興奮するな
世の人々はもっとフルアヘッド!ココを読んだほうがいい
あんなに面白いのになぜ皆読まないのか
とりあえずバーツは永遠のヒーロー
古代のクリスタルナイフとか、かっこいい〜
攻撃力58くらいありそう
なんか雰囲気あるね。w
中二病的な何かを感じる。古代も現代も洋の東西も関係なく、こういう感性は普遍的なものなんやろなあ。
これは、厨二心がくすぐられる。
水晶の短剣と聞いて、オラワクワクすっぞ!
強度が弱そうに見えるけど
どうなんだろう
ほえーー
ホンマに?
「この地域では水晶が産出しないため、これらの武器を作った古代人は長距離を旅して素材を調達していたと見られる。…「水晶は特別な意味合いを持つ素材として、象徴的に扱われていた。水晶が生命力や魔法、先祖との繋がりを示すものとして使われていたことが分かっている」」
おお、ロマンじゃ。オーパーツではないが。かっけえ。
最終盤で手に入るシーフ用の最強武器か、魔術師向けの能力値を上昇させる装備ってところか。いずれにしても、「古代王国の遺産」ってキャッチフレーズはつけたいな。
具現化したロマン!
とても綺麗。
思ったより凝ったつくりだった
ぱっと見、イカの骨と認識した。
クリスタルの短剣があるということは伝説のエメラルドソードも世界のどこかで選ばれし者を待ち続けている可能性が微レ存?(何)
物理よりも魔力が上がる類いの短剣だ
ページ先にある、象牙でできた柄や鞘も合わせた姿で見ると…なかなかカッコいい✨

水晶は、生命力や魔法の力、先祖とのつながりを示すものとして使われていたみたいですね😳
うおおおおおおおおおお
儀式用なんだろうけど夢が広がるなあ…
こう言うのが好きな方に(^w^)っ
ファイナルファンタジー?
アーカム案件。
やだ、カッコいい。ムーンブルクの王女に装備させると回復魔法の回復量アップするのよね?😁
これすげぇ。
ファンタジーの世界だ。
ロマンがやべえ
カッコいい……妄想が捗る(*´ρ`*)
完全にレイスのクナイじゃんこれ
紀元前3000年て
スペインさん、その時代はクリスタルソードとか使うRPGな感じだったん?
あー水晶だったのか!

もう、そこ頃からクリスタルガラスあったのかと勘違いしたw

他所から水晶来たってことは交易があったということか。意外な地域が判明しないと驚かないw
こんなのぜったい最強の武器じゃないか…!
妄想が捗りすぎる→
厨二病が疼くわ(*´ω`*)
RPGでよくある武器「クリスタルナイフ」
出てくるものなんだなまだまだ
クリスタルの短剣
5000年前ならメソポタミアと同じ位だっけ?
ワクワク😃
こういうの好き
本当は考古学の道に進みたかったけど、ご飯食べられそうもないからやめた過去がある
クリスタル武器とはロマンがあるな。
英雄伝説の
「水晶の装備」「ダイヤモンドの装備」
思い出しましたわ😄
これはカッコいい。
もっと見る (残り約109件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR