TOP > ネタ・話題 > 人は「視線」を物理的特性を持ったビームのようなものだと暗黙のうちに考えている - GIGAZINE

人は「視線」を物理的特性を持ったビームのようなものだと暗黙のうちに考えている - GIGAZINE

12コメント 2021-01-06 08:15  GIGAZINE

人間は視線に敏感な生き物であり、アイコンタクトでコミュニケーションを取ることができるだけでなく、日常のふとした瞬間に「誰かに見られている」と感じることもあります。近年の研究では、「人は視線を物理的特性...

ツイッターのコメント(12)

★人は「視線」を物理的特性を持ったビームのようなものだと暗黙のうちに考えている(GIGAZINE)

♪オクセンマン、オクセンマンのぉ胸騒ぎ〜
目からビーム!!!!1
♫ストレイトドキドキする視線はまるでレーザービーム
心をしゅんわりと突き刺すの虹色のラブビーム♫
バンコラン少佐かな?
この傾き実験、追試が簡単そうなのでバンバンやってほしい
視力に力はないと考えてる人でも、物理的な力があると暗黙に認識しているらしい。脳が視線を何かが動いている状態として処理することで、視線によるコミュニケーションを迅速化している様子。
だから、視線が真正面になってるアカウント画像がいるとタイムラインを直視できない。(アスペかよ)
視線に物理的な力があるんじゃなくて『誰かが見てる』『その見てる人が気がつけない』が分かれ目な気もするけど。
脳の領域はなるほどー、と思った。
人間は視線に敏感な生き物であり、アイコンタクトでコミュニケーションを取ることができるだけでなく、日常のふとした瞬間に「誰かに見られている」と感じるこ…

【出所:GIGAZINE 厳選】
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR