TOP > ネタ・話題 > 楽しさ・意欲・楽観などを経験する人は加齢で記憶力が低下しにくいとの研究結果 - GIGAZINE

楽しさ・意欲・楽観などを経験する人は加齢で記憶力が低下しにくいとの研究結果 - GIGAZINE

15コメント 2020-11-22 12:31  GIGAZINE

年を取ると記憶力が低下してしまい、映画のタイトルや知人の名前などが思い出せなくて困ることも増えてきます。中年の記憶力について9年間にわたり調査した新たな研究では、「ポジティブな感情」を多く経験した人々...

ツイッターのコメント(15)

前向きなのがいいという話。記憶にとどまらないと思います。
高齢ネトウヨ問題もとどのつまりこういうことか?
人生楽しくだね!!
「楽しさ・意欲・楽観などを経験する人は加齢で記憶力が低下しにくい」
米国の中高年成人991人を対象とした9年間の縦断的研究から、ポジティブな感情(熱意、楽しさ、誇り、積極性など)は記憶力の低下が少ないことが明らかになった。
高齢になっても音楽を楽しめる人生はなぜ良いのか。
・新しい物事に挑戦したり難しいスキルを習得したりといった、注意と精神的な努力を要する新しい活動に取り組む。
・散歩やストレッチ、トレーニングといった運動を定期的に行う。
年を取ると記憶力が低下してしまい、映画のタイトルや知人の名前などが思い出せなくて困ることも増えてきます。中年の記憶力について9年間にわたり調査した新たな研究では、「ポジティブな感情」を多く経験した人々は、加齢によって記憶力が低下しにくいことが判明しました。
楽しむ事が健康に良いというのは色々聞くね。 |
中年の記憶力について9年間にわたり調査した新たな研究で、「ポジティブな感情」を多く経験した人々は、加齢によって記憶力が低下しにくいことが判明した。
 ↓
研究チームは、被験者が報告した「楽しさ、誇り、意欲、楽観、思いやり、熱狂といったポジティブな感情」や記憶力に関する調査結果を、年齢・性別・教育・うつ状態・ネガティブな感情・外向性といった点を考慮した上で分析しました。
楽しい、面白い、明るい話題の方向で脳に刺激を与え続けることが脳に対する栄養補給とか、脳トレになる話
「ポジティブな感情」を多く経験した人々は、加齢によって記憶力が低下しにくいことが判明。
私の記憶力の低下は、ここに原因があるのかも知れない。
年を取ると記憶力が低下してしまい、映画のタイトルや知人の名前などが思い出せなくて困ることも増えてきます。中年の記憶力について9年間にわたり調査した新た…

【出所:GIGAZINE 厳選】
楽しさ・意欲・楽観などを経験する人は加齢で記憶力が低下しにくいとの研究結果...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR