TOP > ネタ・話題 > 世界初の「国家中央銀行発行のデジタル通貨」が誕生 - GIGAZINE

世界初の「国家中央銀行発行のデジタル通貨」が誕生 - GIGAZINE

23コメント 2020-10-23 16:04  GIGAZINE

カリブ海に浮かぶバハマ諸島を領有するバハマで、世界初の「中央銀行が支援するデジタル通貨(CBDC)」となる「Sand Dollar」が、2020年10月20日に発行されました。

ツイッターのコメント(23)

バハマ中央銀行が発行するデジタル通貨は Dollarという。

砂、脆そうなイメージだけどなぜこんな名称つけるんだろう。
最初はバハマですか。いよいよ始まりましたね。
ウム。進むべく進む
このような事例が一つ認可されると急速に先進国のあいだで広まりそぉだ🤔
これがデジタル通貨の基準になるのか
バハマで、世界初の「 中央銀行が支援するデジタル通貨(CBDC)」となる
「  Dollar」が、2020年10月20日に発行されました
2020年10月20日に世界初のCBDC(中央銀行デジタル通貨)がバハマでローンチ。カンボジアが先行しているイメージでしたが、バハマが最初に。バハマ諸島に国民が分散しているので、デジタル通貨のメリット大🤔✨
どうせなら中銀じゃなく、政府が発行して、米ドルペグ外して欲しかった。
日本も新通貨発行のタイミングでCBDCに移行していくのだと考えます。2024年が転換点。そのとき現通貨の価値は?
お金に以外の資本も強化しましょう
バハマが、世界初の中銀デジタル通貨(CBDC)である「サンド・ダラー」を発行。
まさかのバハマが、中国やカンボジアをおさえて一番乗り!
日本のメジャーなマスコミは、一切報じていない。
なぜ?
スマホ持てない人

文盲の人

どうすんだぁ?

私の周囲にそういう人
イッパイいます。
でも懸命に生きてます。
その一人は、
いま、
目の前にいます。

技術的に優れた立場の人たちは
❝優れられない人たち❞ のことを
考えてないとおもいます。
これはまた新しい動き→
こういう社会実験はいいな。主要通貨は当分無理だろうけれど。
-世界初の「国家中央銀行発行のデジタル通貨」が誕生-
バハマ🇧🇸…
>この時のSand Dollarのレートは、アメリカドル(1ドルは約105円)と1:1で取引されるバハマドルと1:1に固定
密かに話題になっているCBDCがついに...
既存通貨と徐々に置き換えていくのでしょうか
ソラミツ、リネット率いるカンボジアが世界初になると思ってたけど先越されたのね。残念。
デジタル通貨 トップはバハマ
Dollar」が、2020年10月20日に発行されました。

「国家中央銀行」って本当なの?FRBだって民営だろ🙄
Dollar」が、2020年10月20日に発行されました。Project Sand Dollar- Central Bank of the Bahamas more:
カリブ海に浮かぶ バハマ諸島を領有する バハマ で、世界初の「 中央銀行が支援するデジタル通貨(CBDC)」となる「 Dollar」が、2020年10月20日に発行されました。

世界初の「国家中央銀行発行のデジタル通貨」が誕生
» Dollarはウニの一種であるスカシカシパンの英名」つまりバハマは通貨の単位が1雲丹、2雲丹と。

それはともかく、よくやった、バハマ中央銀行。
Dollar」が、2020年10月20日に発行されました。続きを読む...

【出所:GIGAZINE 厳選】
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR