TOP > ネタ・話題 > Appleによるプリンタードライバーの開発がひそかに幕を閉じていたと判明 - GIGAZINE

Appleによるプリンタードライバーの開発がひそかに幕を閉じていたと判明 - GIGAZINE

13コメント 2020-10-23 06:04  GIGAZINE

一昔前は仕事に欠かせないデバイスだったプリンターは、スマートフォンやタブレット端末の普及、ビデオ会議の導入が進んだことなどにより、活躍する機会を大きく減らすこととなりました。iPhoneやiPadでペ...

ツイッターのコメント(13)

cupsをappleが買収してたの知らんかったけど、開発が個人に紐付いてて更新止まってて笑うしかないなぁ

postscriptでプリンタ制御してた頃が懐かしい
CUPSのおかげで助かってる🙇‍♂
---
CUPSが終わってOpenPrintingが継承。全然ウォッチできていなかった。
OpenPrintingが継承しているってことで、一安心。
Appleに関わったOSSってだいたい潰れるよねw
「Sweet氏によるCUPSの開発場所がOpenPrintingに移ったことがうかがえます。」

LinuxのCupsは今後は望み薄いな・・・。
メーカーもLinuxドライバを開発する所も多くなったけど、難あり。
UNIX/Linuxでのプリンター動作をサポートするプロジェクト「OpenPrinting」がAppleのCUPSプロジェクトを継承している とのこと(安心した・・・)
Appleの手を離れたか…
Appleのプリンタ開発は移行したのね。
AppleによるCUPSの開発終了は「CUPS」そのものの終了ではない。プロジェクト「OpenPrinting」がAppleのCUPSプロジェクトを継承、こちらのGitHubリポジトリでCUPSの開発が続いている。
開発オレ一人
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR