TOP > ネタ・話題 > アメリカの失業率は「過小に算出」されている、真の失業率は「26%超」という主張 - GIGAZINE

アメリカの失業率は「過小に算出」されている、真の失業率は「26%超」という主張 - GIGAZINE

8コメント 2020-10-22 06:03  GIGAZINE

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行によって、世界各国の経済は予期せぬ厳しい打撃を受けました。新規感染者が過去最多となる1日7万人を突破したアメリカは特にその影響が大きく、多くの失業者が...

ツイッターのコメント(8)

「失業者」の定義がおかしい,ということか.日本と変わらないのぅ. |
»
「仕事をしたい人の4人に1人は生活に最低限必要な生活賃金を稼げません」 #合衆国の話題
どんな権力も少なからず都合の悪い数字を粉飾しようとするもの。だから透明性を求める必要は常にある。だが現日本政府は基本的に答えないし、真っ黒な資料や曖昧な返答で答えたと言い張る。
マジか!
と言っても日本も統計外の失業者が相当数居る。
政府は現在のいい加減な統計を改めて、真実に近い統計に改めろ!
元から失業率20%以上あるの怖すぎるんだが
「ショックです。仕事をしたい人の4人に1人は生活に最低限必要な生活賃金を稼げません」
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行によって、世界各国の経済は予期せぬ厳しい打撃を受けました。新規感染者が過去最多となる1日7万人を突破したアメリ…

【出所:GIGAZINE 厳選】
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR