TOP > ネタ・話題 > 「実家住みの若者」の割合が初めて50%を突破 - GIGAZINE

「実家住みの若者」の割合が初めて50%を突破 - GIGAZINE

17コメント 2020-09-17 20:09  GIGAZINE

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによって、アメリカで両親と暮らす若者の数が急増しています。アメリカ合衆国国勢調査局の新たな調査によって、実家に暮らしている18歳から29歳の若...

ツイッターのコメント(17)

肩身が狭くなくなるのは良いことだ。だが親が毒親なら一刻も早く逃げた方がいい。
若者といっても30歳未満。広大なアメリカでも30歳を超えるまで大半の人は自立出来ない。これはパンデミック以前からのトレンド。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによって、アメリカで両親と暮らす若者の数が急増しています。アメリカ合衆国国勢調査局の新たな調査によって、実家に暮らしている18歳から29歳の若者が調査開始以来初めて過半数を超えたことが明らかになりました。
世界恐慌になると、親と共に住む若者が増える傾向があるらしい

“引っ越した若者のうち23%が「大学のキャンパスが閉鎖された」、18%が「経済的な理由から引っ越さざるを得なくなった」”
「こどおじ」「こどおば」という言葉は、マイノリティだから区別してそう呼ばれるからであって、そっちが多数派になったら逆に「独り暮らしおじさん」「独り暮らしおばさん」とか言われるようになるのかもしれない。
どゆこと?だから
米国さんは闘いたがるよということ?
アメリカンキッズルームアンクル
アメリカの話です。6%の増加だと何とも微妙…。
>特に「18歳から24歳の若年層」と「白人の若者」の間で顕著。

>両親と一緒に暮らす若者の割合が50%を突破したのは、アメリカ合衆国国勢調査局の120年にも及ぶ調査の中で初。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによって、アメリカで両親と暮らす若者の数が急増しています。
米国で両親と暮らす若者の数が急増し過半数を突破
「18歳から24歳の若年層」と「白人の若者」の間で顕著
パンデミックによって最若年層である18歳から24歳の若者が経済的苦境に立たされている
アメリカも結構日本みたいな状況。
パンデミックが直接の原因ならむしろ高齢者のいる実家は避けると思うが。それでも実家に戻るのが多いのはパンデミックによる雇用不安定化で収入減って実家に戻らざるを得ないのが増えたんだろうなと -
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによって、アメリカで両親と暮らす若者の数が急増しています。アメリカ合衆国国勢調査局の新たな調査によって、実家に暮らしている18歳から29歳…

【出所:GIGAZINE 厳選】
俺もこどおじに戻るか
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR