TOP > ネタ・話題 > 地球外生命体探査史上「最大」の進展、金星の大気に生命の痕跡 - GIGAZINE

地球外生命体探査史上「最大」の進展、金星の大気に生命の痕跡 - GIGAZINE

12コメント 2020-09-15 12:06  GIGAZINE

嫌気性の微生物が生成するガスが、「生物に向かない環境」として知られる金星から検出されました。研究者は今回の発見を予想外のものとしており、NASAの長官は「地球外での生命を示す上で、過去最大の進展です」...

ツイッターのコメント(12)

「生命の存在が可能性として考えられるように、光化学的、あるいは地球化学的なことも考えられます」「情報が足りません。金星を覆う雲の光化学的な特性についても、ほとんど何もわかっていないのです」と研究者はレポートにつづりました。
該当のガスは、ガス惑星クラスの高温高圧化なら非生物環境でも生成されるそうですが、金星ではそこまで高温高圧じゃないのでもしかして生物由来では?というのが発端とのことです。
もし生物由来なら意外な隣人が誕生だな。もしかしたら微生物が上空に漂って活動してたり? -
金星のような環境でも微生物が存在してる可能性が出てきた
アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計🤔
な、な、なんだってーΩΩ Ω
地球に金星人って来てなかったっけ?別の宇宙人だったかな?
まぁ金星はさすがに違う気がするけども、微生物なら結構近いうちにエンケラドゥスとかで案外見つかるんじゃないかと最近は思うんよね。生きてるうちに知りたい事の一つ。
"嫌気性の微生物が生成するガスが、「生物に向かない環境」として知られる金星から検出"
"研究者は今回の発見を予想外のものと"
"NASAの長官は「地球外での生命を示す上で、過去最大の進展です」と"
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR