Western Digital製の一部HDDの回転数が公称スペックと異なることが判明 - GIGAZINE

108コメント 2020-09-08 11:26 GIGAZINE

ハードディスクドライブ(HDD)の回転数は主に5400rpm(毎分回転数)と7200rpmの2種類が存在します。回転数の違いによってデータ転送速度や消費電力が変わるため、回転数はHDDの性能をはかる上...

ツイッターのコメント(108)

なんだとw 個人的には良い方向にことなるのだけど、どおりでWD80EMAZ-00WJTA0の発熱が気になるわけだ^^;
WDのHDDの「回転数」の表記はあんま意味がない...?
悪いニュースかと思ったら良いような気がするし悪いような気もしなくもない話だった
バルクHDD大好きっ子なら5400rpmと7200rpmは動作音聞けば別物って分かるよね?w
「 Digitalは『rpm』という単位を再定義しようとしています」で不覚にも笑ってしまった。
中国企業みたいだな,,,欧米企業の劣化が最近ひどいな...
データ格納用と考えてる人には詐欺だと思う
どうりでIronWolfの7200rpmより発熱が高いわけだ(笑)
GIGAZINE: Digital製の一部HDDの回転数が公称スペックと異なることが判明.
もうHDDに速度なんてほとんど求めてない。
低速ドライブは回転数が低いことによる低発熱で信頼性が上がる事が期待して買ってる。WDも買えないとなったらどこからドライブを買えばいいのか…
なんかWD、スペック表記が違うの連打してるような…
 
PR
PR