TOP > ネタ・話題 > 生きてるだけでお金がもらえるベーシックインカムこそ「資本主義2.0」だとの主張、その理由とは? - GIGAZINE

生きてるだけでお金がもらえるベーシックインカムこそ「資本主義2.0」だとの主張、その理由とは? - GIGAZINE

37コメント 2020-08-03 06:01  GIGAZINE

所得や年齢に制限を設けず、すべての国民が所得を保障される「ユニバーサルベーシックインカム」は、競争や格差を前提としている資本主義とは違った概念にも思えます。しかし、起業家であり分散型ネットワーク開発に...

ツイッターのコメント(37)

ユニバーサルベーシックインカム、
むしろ社会主義ではないのかなあ。

企業が吸い取るための資本を国家が担保すると考えれば資本主義か。
(進撃の巨人OP歌が頭をよぎる)
"多くの解決策は結局とのところ、進歩を後戻りし、貧しかった過去に私たちを連れ戻そうというものですが、なら資本主義と両立が可能なので、成長の恩恵を誰もが享受することができるようになります"
ベーシックインカムがユニバーサルスタンダードになった未来が見たい。人は怠惰で働く事がなくなるのか。逆に需要が高まるチャンスと捉え働く人が増えるのか。
@sannpo_esa
資本主義経済下で格差が拡大しているときはお金を配るのが右にも左にも行き過ぎないベターな選択らしいですわよ
>数世紀前まで王侯貴族しか享受できなかった安全で快適な暮らしが私たちのものになっているという事実に敬意を払わずにはいられないでしょう
@shiomura @AbeShinzo @MOF_Japan

予算の配分権は議員や官僚などの一部の人間ではなくこの国の主人である国民が持つべきものである。真の民主主義の実現を。今の支持基盤は失うかもしれないが経済は安定する。
お金を使っても生活が担保される安心感はあなたを英雄にする。
タイトルで笑ってしまった
税金を取って金をバラまく仕事?
分かりやすく書いてある
グラフが物語る
「富のピラミッドの底辺にいる人は製品を購入するためのお金を持てなくなり、需要が不足するようになってしまいました」って童話的にバカじゃねえの
そうなる前に死ぬ

GIGAZINE: 生きてるだけでお金がもらえるベーシックインカムこそ「資本主義2.0」だとの主張、その理由とは?.
経済格差が一定以上になったら、ベーシックインカムのような制度を導入するしかない状況に追い込まれるような気がする。
ベーシックインカム、カモン!\(^o^)/
あ、渡りに船の良記事
お金を浴びせられた猫の写真は何なんだ、おれたちはベーシックインカムをもらうと猫になれるんだろうか? /
メリットだけを見れば、こんなに良いものは無いと思えます
問題はデメリットの大きさなのかもしれません
「人は生きているだけで価値がある」 「頑張れば報われるけど頑張らなくても死にはしない」 こういう考え方に未来はあると思う。
ベーシックインカムの為に世界的な経済崩壊来てるのです。
そろそろ本格的にベーシックインカム案が浮上してきます。
難しくて頭に入ってこなかった。

価値観のアップデート。
「働かざる者食うべからず」から「働かざる者飢えるべからず」への思想転換。
格差社会の進展は、ナショナリズムと社会主義の人気を呼び起こす。しかし
ナショナリズム → ❌ 富の減少
社会主義    → ❌ 富の減少

ベーシックインカム ⭕️ さらに社会が豊かに

生きてるだけでお金がもらえるベーシックインカムこそ「資本主義2.0」だとの主張
それだけでは食ってけないから
社会主義も破綻したが、資本主義も破綻寸前であると思う
行き着くところまできた金融資本主義の先にあるのは圧倒的多数の人間の挽回不可能な不幸とほんの一握りの金持ちの幸福。

-
今起きている問題て、お金で解決できることなので全国民に一律で配ってしまうなら面倒な手続きとか審査とかもいらないしね。
それでもしないさ。
お金持ちはお金で優越感を得ているからね。
配る事ではなく持っていることにね。

気付かなきゃ。
お金は「手段」だって。
貯めても腐るだけ。
・政府が国民を選定したりしないため、社会制度の弊害が発生しない。
・所得が低い人も一定の富を得ることができるようになり、結果として需要が発生する。
>現代の資本主義が限界を迎えつつある背景には、拡大しすぎた格差によりサプライサイド経済学が機能不全となりつつある現状があるとのこと。
ユニバーサルベーシックインカムなら資本主義と両立が可能なので、成長の恩恵を誰もが享受することができるようになります。

困窮することがなくなれば、創造的な生き方ができるようになる。
社会は変わりつつある。
お金が全ての資本主義は終わり(マネーゲームと格差肥大)、ベーシックインカムを主体とする人間らしさとチャレンジの時代へと…
所得や年齢に制限を設けず、すべての国民が所得を保障される「ユニバーサルベーシックインカム」は、競争や格差を前提としている資本主義とは…

【出所:GIGAZINE 厳選】
やはり所得制限はしようよ。
ベーシックインカムは肯定も否定もできない感じなんだがー資本主義の限界が来てるってのは20年社長の妻やって体感してるような。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR