TOP > ネタ・話題 > チェルノブイリで発見された「放射線を食べるカビ」で宇宙飛行士を宇宙線から守る試み - GIGAZINE

チェルノブイリで発見された「放射線を食べるカビ」で宇宙飛行士を宇宙線から守る試み - GIGAZINE

42コメント 2020-07-28 10:33 | GIGAZINEキャッシュ

1986年に史上最悪レベルの原子力事故を起こしたチェルノブイリ原子力発電所で発見されたカビを使って、宇宙を飛び交う放射線から宇宙飛行士を守る試みを、ノースカロライナ大学シャーロット校とスタンフォード大学の研究チームが行っています。研究チームは、国際宇宙ステーション(ISS)における実験で「一定の成果が得られた」と報告しました。...

ツイッターのコメント(42)

> このカビは大量のメラニンを含有しており、致命的な放射線レベルの中でも生存できるだけでなく、放射線を吸収して化学エネルギーに変換できる

チェルノブイリで発見されたってことは、メルトダウン事故の後から進化したってこと?
これはすごい!
放射線の問題が解決できれば有人探査が相当進むのでは!
自己増殖型放射線シールドってSFだなぁ…。
「実験の結果から、チェルノブイリで発見されたカビが降り注ぐ放射線のおよそ2%を吸収していると判明しました。」
「研究チームは主要な利点として『厚さ21センチのカビ層があれば、火星表面で被ばくする年間線量を大幅に吸収できる可能性がある』と論じました。」
GIGAZINE: チェルノブイリで発見された「放射線を食べるカビ」で宇宙飛行士を宇宙線から守る試み.

大丈夫?バイバインみたいになない?
元はといえば大災害がきっかけではあるが、この微生物が火星への旅を保証してくれるかも知れない。

(GIGAZINE)
このカビの件、原発推進派が過剰に評価しただけのデマのようなもの、みたいな話も聞いたんだけど、実際にあって研究進んでたのね
最初「カビに頼らなくてもメラニンを何かから採取して宇宙船に塗ればいいのでは?」と思ったんだが、ひょっとして宇宙線が当たるとメラニンって分解して、それを補充し続けなきゃいけない(カビだと自分で補充してくれる)とかいう話?
放射線の中で適応進化した微生物…ゴジラのG細胞みてえだな。
そんなカビがいるのか。
生物達は過酷な環境に対応できるように進化していっていてすごいな。

GIGAZINE: チェルノブイリで発見された「放射線を食べるカビ」で宇宙飛行士を宇宙線から守る試み.
@todahopehill888 テーション(ISS)での実験で「一定の成果が得られた」との報告も。
すごい!クロカビの一種みたいだけど、進化したカビだったりして
放射線をどうやって食べんねん!
チェルノブイリで発見された「放射線を食べるカビ」で宇宙飛行士を宇宙線から守る
カビさん放射線をエネルギーに変換できるってどういう仕組みなんだろう?仕組みを解明すれば工業的にコスモクリーナーが作れるのでは。
放射線を食べるカビが今年2月に発見されてた事に驚き。それを半年も経たずに宇宙で活用するスピード感にも驚き。日本も福島で使えないのかな?
次の対ゴジラ兵器にどうですか、東宝さん?
すげぇ!ロシアの奇跡
進化って凄いな >>
放射能を食べるが宇宙でも大活躍!
しかもこのカビは放射能を食べるだけじゃなくてエネルギー化もしてくれるしもちろん増殖もする。最強生物なのでは?
吸収を食べると表現されると、すごい違和感なんだけど
放射線を吸収して化学エネルギーに変換できるカビだそうだけど、ホントだとしたらまるでG細胞みたいなカビだなw
🤩
放射線は取り除く物ではない…
食べる物やったんや!!
そんなカビがあるんだ、、。
そしてカビザシが作られるのか。
← 致命的な放射線レベルの中でも生存できるだけでなく、放射線を吸収して化学エネルギーに変換できるそうです。宇宙じゃなくても有効活用できそう
後のコスモクリーナーである。
すごい生物がいるもんですね。
なんか、防御のために導入された黒カビが放射線浴びすぎて変異して人間が逆襲される映画ができそう。
>放射線を吸収して化学エネルギーに変換できる
(  Д ) ゚ ゚
ε=╭( 'ω' )╯ 宇宙進出への鍵の一つ
すげー😳✨✨✨

チェルノブイリ原子力発電所の原子炉跡から2020年2月に発見されたカビは大量のメラニンを含有しており、致命的な放射線レベルの中でも生存できるだけでなく、放射線を吸収して化学エネルギーに変換できることが報告されました。
自然って凄い・・・。
宇宙船にはピッタリだけど、こいつが異常繁殖して大変な事にならなければいいなと思うのはSFの読みすぎかな。
この代謝を再現・強化出来たら、福島第一とかで有効活用出来ないかな。
致命的な放射線レベルの中でも生存できるだけでなく放射線を吸収して化学エネルギーに変換できる、と。→
原子炉跡2020年2月に発見 放射線レベルの中でも生存
研究チーム「カビにわずかな栄養素を与えて放射線にさらすだけで、微視的な量から自己複製によって繁殖」
「厚さ21センチメートルのカビ層があれば、火星表面で被ばくする年間線量を大幅に吸収できる可能性がある」

宇宙型
放射線を吸収する仕組みが判って放射線を防御できるようになると凄いですが。
以上
 

いま話題のニュース

PR